動画編集に強い! パフォーマンス抜群のパソコンスペックを探せ

目次

動画編集を効率化する最適スペックガイド

動画編集を効率化する最適スペックガイド

プロセッサー 必要なコア数とクロックスピード

動画編集におけるプロセッサーの選択は、作業のスムーズさを左右する非常に重要な要素です。

特に、必要なコア数とクロックスピードは、複雑な計算処理をタイムリーに実行できるかどうかを決定づけます。

動画編集のプロセスは、エンコードやエフェクトの適用など、多くのスレッドを同時に処理するため、マルチコアのプロセッサーを搭載したパソコンが最適とされています。

目安としては、四コア以上を推奨する意見が一般的ですが、より本格的な編集作業を行う場合は八コアもしくはそれ以上のプロセッサーが理想的です。

クロックスピードに関しても、より高速なものを選ぶことで、編集作業の効率は著しく向上します。

具体的には、3.0GHz以上を目安に選ぶことが望ましいです。

ただし、コア数が多ければ多いほど、それぞれのコアのクロックスピードが若干低めでも全体的なパフォーマンスは優れており、また、高クロックスピードは熱の発生という側面も考慮する必要があります。

具体的なワークフローや編集する動画の解像度、使用する動画編集ソフトウェアによっても、求められるスペックは異なるため、用途に応じた最適なプロセッサーの選択が必要です。

たとえば、4K以上の高解像度動画での作業を想定している場合は、更に高いスペックが求められます。

さらに、動画編集ソフトウェアがマルチスレッド処理を効率的に使用しているかも、性能発揮に大きく影響します。

最終的には、動画編集の目的と作業環境に合わせた、バランスの取れたプロセッサー選びがカギとなります。

高いパフォーマンスを確保するためには、価格だけでなく実際の使用シナリオを熟考し、適切なコア数とクロックスピードを持つプロセッサーの検討が不可欠です。

これにより、快適な動画編集環境を整えることができ、創造的な作業を存分に楽しむことが可能になるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41198 2404 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41147 2345 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41147 2345 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38614 2067 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38538 2038 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35532 2223 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35532 2223 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33782 2197 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33782 2197 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32556 2091 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32556 2091 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29273 2029 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28873 1959 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27054 2034 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24655 2092 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24655 2092 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22090 1939 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20376 2005 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19518 1927 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17742 1807 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16056 1769 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16056 1769 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15298 1971 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9080 1738 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9080 1738 公式 価格


クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

ゲーミングの頂を極めるパフォーマンス。ゲーム愛好者へエフォートレスグレードへ贈り物
速度と力、均整のとれたスペックが光る。32GBメモリと1TB SSDで、どんなタスクもスムーズにこなすマシン
見た目も機能も抜群。クリアサイドパネルから見える内部にデザイン性とパフォーマンスが融合
Core i5 14600KFが中核をなし、最新ゲームも快適に動かす強力なCPUパワーを実感できるゲーミングPC

【EFFA G04A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースDeepCool CH510 ブラック
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

高性能Core i7とRTX 4060が織りなす、上質なバランスのゲーミングPC
快適プレイを支えるトリプルスペック!16GBメモリと1TB SSDの黄金配合
Silencio S600は静寂そのもの。デザインとサイズ感が生み出す上品PCケース
最新Core i7が躍動!負荷の大きなタスクも余裕で駆け抜ける

【ZEFT Z47AC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

用途の多様性を誇る、真のユニバーサルミドルグレードモデル
均整の取れたスペック、妥協なきパフォーマンスを実現するマシン
目を引くデザイン、Fractalの抜群の存在感を放つエアフローケースゲーミングPC
最新の効率を追求、Core i5が提供するスムーズな計算処理パワーPC

【ZEFT Z47TW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

まさにアクション満載の冒険に適したゲーミングPC、息をのむほどのパフォーマンスを誇る
調和の取れたパワー、16GBメモリと1TB超高速SSDで最新ゲームもサクサク動く
煌めくミドルタワーケース、見た目も中身もパワフル、デザインと機能性が融合したスタイリッシュモデル
新世代Core i5で、マルチタスクもストレスフリーに。快適作業を叶える力強い心臓部

【ZEFT Z45F スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

高性能ながらコストパフォーマンスに優れた、お求めやすいゲーミングPC
大容量128GBメモリと速度を誇るRTX 4060Tiの組み合わせは、スムーズな動作をコミットします
NZXT H5 Flowのホワイトケース、クリアサイドパネルで内部が輝く、洗練されたデザインモデル
世代をリードするCore i5 14400F、多彩なタスクを高速処理するパワーハウス

【ZEFT Z47M スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

ゲーミングの頂を極めるパフォーマンス。ゲーム愛好者へエフォートレスグレードへ贈り物
速度と力、均整のとれたスペックが光る。32GBメモリと1TB SSDで、どんなタスクもスムーズにこなすマシン
見た目も機能も抜群。クリアサイドパネルから見える内部にデザイン性とパフォーマンスが融合
Core i5 14600KFが中核をなし、最新ゲームも快適に動かす強力なCPUパワーを実感できるゲーミングPC

【EFFA G04A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースDeepCool CH510 ブラック
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

高性能Core i7とRTX 4060が織りなす、上質なバランスのゲーミングPC
快適プレイを支えるトリプルスペック!16GBメモリと1TB SSDの黄金配合
Silencio S600は静寂そのもの。デザインとサイズ感が生み出す上品PCケース
最新Core i7が躍動!負荷の大きなタスクも余裕で駆け抜ける

【ZEFT Z47AC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

用途の多様性を誇る、真のユニバーサルミドルグレードモデル
均整の取れたスペック、妥協なきパフォーマンスを実現するマシン
目を引くデザイン、Fractalの抜群の存在感を放つエアフローケースゲーミングPC
最新の効率を追求、Core i5が提供するスムーズな計算処理パワーPC

【ZEFT Z47TW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

まさにアクション満載の冒険に適したゲーミングPC、息をのむほどのパフォーマンスを誇る
調和の取れたパワー、16GBメモリと1TB超高速SSDで最新ゲームもサクサク動く
煌めくミドルタワーケース、見た目も中身もパワフル、デザインと機能性が融合したスタイリッシュモデル
新世代Core i5で、マルチタスクもストレスフリーに。快適作業を叶える力強い心臓部

【ZEFT Z45F スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

高性能ながらコストパフォーマンスに優れた、お求めやすいゲーミングPC
大容量128GBメモリと速度を誇るRTX 4060Tiの組み合わせは、スムーズな動作をコミットします
NZXT H5 Flowのホワイトケース、クリアサイドパネルで内部が輝く、洗練されたデザインモデル
世代をリードするCore i5 14400F、多彩なタスクを高速処理するパワーハウス

【ZEFT Z47M スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47M

メモリー なぜ大容量が重要か

動画編集においてメモリーの大容量は、まさに複雑な作業をスムーズにこなすための基盤と言えます。

例えば、高解像度の映像データは膨大な情報量を持ち、そのデータを処理するためには多くの一時的な作業領域が必要です。

メモリーが十分な容量を有していると、複数の動画クリップを同時に開いた編集作業も遅延することなく実行できます。

さらに、レンダリング時にもその性能が発揮され、全体の作業時間を大幅に短縮することが可能です。

特に4Kや8Kといった超高解像度の編集になると、メモリーの重要性はさらに増します。

これは、長時間の動画や特殊効果を多用するシーンなど、メモリーにかかる負荷が高まる状況でも、パフォーマンスの低下を最小限に抑えるためです。

さらに動画編集ソフトウェア自体も年々機能が向上し、膨大なメモリーを必要とするものが増えています。

それらのソフトウェアを最大限に活用するには、適切なメモリー容量が絶対に欠かせません。

したがって、動画編集作業を快適に行うためには、メモリーをたっぷり備えたパソコン選びが一つの鍵となるのです。

ストレージ SSDとHDDのスピード比較

動画編集の世界では、ストレージの種類が作業の速度と効率を大きく左右します。

特にSSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の違いは、編集作業の快適性に直結する重要なポイントです。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が圧倒的に速く、データアクセス時間が短縮されます。

動画編集においては、大量のデータを扱うため、この速度の差が編集のスムーズさを決めるのです。

動画編集では、リアルタイムでのプレビューやエンコード、複数のクリップの同時読み込みといった高負荷な作業が日常茶飯事です。

ここでSSDの速さが役立ち、タイムライン上での応答性や待ち時間の削減に寄与します。

また、動画ファイルはサイズが大きいため、転送速度の差が作業全体の時間にも影響を及ぼすのです。

一方のHDDは、容量当たりの単価がSSDよりも安価であり、大量のデータをコスト効率良く保存する手段としては優れていますが、アクセス速度の面ではSSDに劣るため、編集作業や作業ファイルの読み込みではセカンドチョイスになりがちです。

そのため、動画編集の作業ドライブとしてはSSDを推奨し、保管用途ならばHDDが適していると言えるでしょう。

重要なのは、動画編集を行う際には、システム起動用、作業用、保存用と目的に応じてSSDとHDDを適切に組み合わせることです。

スピードを求める作業用には高速なSSDを、長期のバックアップやアーカイブには容量重視のHDDを配置することで、無駄のない効率的な動画編集環境を構築することが可能です。

ストレージ選びは、高品質な動画作成への近道となるのです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

グラフィックスカード 4K編集に最適な選び方

動画編集においては、グラフィックスカード(GPU)が非常に重要な役割を果たします。

特に4K動画編集の場面では、高解像度のデータ処理能力が求められるため、適切なGPUの選択が必要です。

現在、多くのプロが推奨するのは、NVIDIA GeForceシリーズやAMD Radeonシリーズの高性能モデルです。

これらのカードは4K解像度でのリアルタイムプレビューや複雑なエフェクトをスムーズに処理する能力を備えています。

例えば、NVIDIAのRTX4080は優れたCUDAコアの数を誇り、ビデオエンコードとデコードを支援する専用ハードウェアも搭載しています。

AMDの場合、Radeon RX 7800 XTは高速なメモリーと広いバス幅で動画編集作業を加速します。

これらのカードは、特に色調正や効果のレンダリングなどの作業でその力を発揮します。

また、VRAM(ビデオRAM)も重要で、4K編集では少なくとも8GB以上を推奨しますが、なるべく多ければ多いほど処理性能の向上が見込めます。

重要なのは、単にスペックが高いグラフィックスカードを選ぶのではなく、使用する動画編集ソフトウェアがどのGPUの機能を有効活用できるかを把握することです。

Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveなどのソフトウェアは特定のGPUに最適化されており、その機能を最大限に活かすことで、レンダリング時間を短縮し、高い効率で動画編集を行うことができます。

ですので、ソフトウェアとの相性も考慮に入れた上で、最適なグラフィックスカードを選ぶことが肝心です。

選択肢は多岐にわたりますが、自身の編集スタイルと要求される作業にマッチするGPUを見つけることで、動画編集のパフォーマンスは格段に向上します。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36173 73702 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30080 73001 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29127 67941 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26164 67124 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23725 55328 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19923 50191 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19233 50835 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17966 45620 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16987 42204 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13458 34412 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13457 34859 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13341 34230 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12462 30207 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10824 31559 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10653 28420 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10644 27344 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7334 19508 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15950 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

パソコンの選び方 動画編集に最適なモデルを見極める

パソコンの選び方 動画編集に最適なモデルを見極める

デスクトップvsノートパソコン どちらが適しているのか

動画編集のためのパソコン選びにおいて、デスクトップとノートパソコンの適性を見極めることは極めて重要です。

まず、デスクトップはその拡張性と冷却能力の高さが魅力で、長時間の高負荷作業でもパフォーマンスが低下しにくい点が強みとなります。

高品質な動画編集には膨大なデータ処理が必要不可欠で、デスクトップは多くのストレージやメモリを搭載する空間があり、高速なプロセッサーやパワフルなグラフィックスカードを搭載することで、その要求を余裕で満たすことができます。

一方で、ノートパソコンはその持ち運びのしやすさが最大の特徴です。

外出が多いクリエーターや、フレキシブルな作業環境を好む方には最適です。

しかし、デスクトップに比べると、一般的に性能面での妥協が必要となる場合があります。

それでも最近のノートパソコンは高性能化が進んでおり、十分なスペックを持つ機種も増えていますので、編集作業におけるスムーズさを実感できるはずです。

線引きをはっきりさせるならば、デスクトップは高品質な動画編集を無制限に追求される方に、ノートパソコンは作業の自由度を重視しつつも、ある程度性能に妥協できる方に向いています。

どちらを選ぶにしても、プロセッサのコア数やクロックスピード、メモリの容量、グラフィックスカードの性能といった要素を重視し、動画編集作業にマッチした機種を選ぶことが肝要です。

適切な選択を行うことで、動画編集作業の効率化はもちろんのこと、創作活動における楽しさも大きく変わってくるでしょう。

ブランドとカスタマイズ 自分のニーズに合ったPCを選ぶ

動画編集におけるパソコンの選択は、ある種の芸術に近いです。

ブランドによって提供される信頼とサポート、カスタマイズによるパーソナライズされた性能の確保は、すべて動画編集の作業効率と成果の質に影響します。

例として、AppleのMacBook Proは動画編集プロフェッショナルの間で高い支持を得ていますが、同時に特定のソフトウェアに最適化されており、高価な価格帯が敬遠されることもあります。

一方で、DellやHPなどのPCメーカーは、ユーザーが必要とするスペックに合わせて細かくパーツを選択できるため、より柔軟に理想の環境を構築することができます。

重要なのは、動画編集というタスクがストレージ速度、グラフィックス処理能力、CPUの性能、そしてメモリ量のバランスに依存するという事実です。

強力なグラフィックカードと十分なメモリは4K編集を滑らかに行う上で必要不可欠であり、高速なSSDはプロジェクトのロードと書き出し時間を大幅に短縮します。

選択したパソコンがこれらのニーズに応えられるかどうか、その確認こそが優れた動画編集用PCの見極めには不可欠と言えるでしょう。

そこでカスタマイズが光ります。

独自のニーズに合わせてCPUやグラフィックカード、RAM、ストレージをカスタムオーダーすることで、まさに自分だけの最適な動画編集環境を手に入れることができるのです。

それはこれから数年間、動画編集のクオリティを左右する重要な投資となるでしょう。

ですから、せっかくなら最適なパフォーマンスを提供できるPCを選んで、自分だけの創作活動を存分に楽しんでいただきたいです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

ハイパフォーマンスを求めるゲーマーへ、妥協なきパフォーマンスがここに。情熱のゲーミングPC
圧倒的な速度とクリエイティビティ、32GB DDR5メモリと1TB SSDの鬼バランス
コンパクトに秘められた美意識、クリアサイドで魅せるNR200P MAXの小粋なスタイル
猛スピード実行!Ryzen 7 7700、今日からアイデアを力強く支える

【ZEFT G28L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

中級ゲーマーに最適なゲーミングマシン、高性能RyzenとRTXで勝利を手繰り寄せろ!
壮大なゲーム世界もサクサク快適、16GBのDDR5メモリと高速2TB SSDで応答性抜群のバランス
コンパクトケースにこだわりのでき、限られたスペースでもおしゃれに彩るデスクトップPC
Ryzen 5 7600搭載、クリエイティブな作業もゲームもこれ一台で

【ZEFT R52H-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

ゲーマーの期待を超越する、アドバンスドミドルグレードゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で描かれる、驚異のグラフィック描写と、高速DDR5メモリの極上の調和
スペースを取らない洗練されたコンパクトケース、美しさと機能性を兼ね備えたスマートなデザイン
新時代の芯、Core i5 14600KFがPC体験を新たな高みへと導く

【ZEFT Z44FE スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

ゲーム愛好家からクリエイターまで、均整のとれたハイパフォーマンス・ゲーミングPC
RyzenとRTXの融合による驚異のパフォーマンス、究極のゲーミング体験を実現
美しくクリアなサイドパネルで映える内部構造を誇示するスタイリッシュミドルタワーモデル
2023年新作、Ryzen 7 7800X3Dで、処理能力において驚異を放つマシン

【ZEFT R56DV スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD A620 チップセット ASRock製 A620M Pro RS WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

ハイパフォーマンスを求めるゲーマーへ、妥協なきパフォーマンスがここに。情熱のゲーミングPC
圧倒的な速度とクリエイティビティ、32GB DDR5メモリと1TB SSDの鬼バランス
コンパクトに秘められた美意識、クリアサイドで魅せるNR200P MAXの小粋なスタイル
猛スピード実行!Ryzen 7 7700、今日からアイデアを力強く支える

【ZEFT G28L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

中級ゲーマーに最適なゲーミングマシン、高性能RyzenとRTXで勝利を手繰り寄せろ!
壮大なゲーム世界もサクサク快適、16GBのDDR5メモリと高速2TB SSDで応答性抜群のバランス
コンパクトケースにこだわりのでき、限られたスペースでもおしゃれに彩るデスクトップPC
Ryzen 5 7600搭載、クリエイティブな作業もゲームもこれ一台で

【ZEFT R52H-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

ゲーマーの期待を超越する、アドバンスドミドルグレードゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で描かれる、驚異のグラフィック描写と、高速DDR5メモリの極上の調和
スペースを取らない洗練されたコンパクトケース、美しさと機能性を兼ね備えたスマートなデザイン
新時代の芯、Core i5 14600KFがPC体験を新たな高みへと導く

【ZEFT Z44FE スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

ゲーム愛好家からクリエイターまで、均整のとれたハイパフォーマンス・ゲーミングPC
RyzenとRTXの融合による驚異のパフォーマンス、究極のゲーミング体験を実現
美しくクリアなサイドパネルで映える内部構造を誇示するスタイリッシュミドルタワーモデル
2023年新作、Ryzen 7 7800X3Dで、処理能力において驚異を放つマシン

【ZEFT R56DV スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD A620 チップセット ASRock製 A620M Pro RS WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DV

価格対性能 予算内で最大のパフォーマンスを得る方法

動画編集に要求されるパソコンの性能は、単なる作業のスピードだけではなく、クリエイターの創造性や作品品質へ直結する重要な要素です。

そこで心に留めておくべきは、高価な機材を手に入れることだけがソリューションではないという現実です。

予算内で最大のパフォーマンスを得るには、基本となるスペックの優先順位を設定することが肝心です。

動画編集では、プロセッサの強力さ、十分なメモリ、高速なストレージが要とされます。

プロセッサは複数のコアを搭載したモデルを選ぶことで、複雑なエフェクトや3Dレンダリングなどの多重タスク処理において時間を短縮できます。

また、メモリに関しては、動画編集ソフトが快適に動作する最低ラインを調べ、予算に余裕がある場合はできるだけ多く搭載することで将来的なアップデートにも対応しやすくなります。

ストレージの選択では、速度と容量のバランスが重要です。

SSDはHDDに比べて高速アクセスが可能であり、動画の読み書きにかかる時間を格段に縮めることができます。

ただし、コストが高いので、システムドライブはSSD、保存用には大容量のHDDを組み合わせるという選択も賢明です。

グラフィックス処理能力も見逃せないポイントで、特に4K以上の高解像度動画を扱う場合には、専用のGPUがあることが望ましいです。

ただし、全ての動画編集ソフトがGPU加速を利用しているわけではないので、使用ソフトとの相性も確認してください。

このように、パフォーマンスを重視しつつも経済的な観点から優先順位を決め、それに基づいたスペック選びをすることで、最良の動画編集パソコンを見極めることができるでしょう。

予算内の最適な機材選びは、将来への投資であり、創造力の発揮に直結します。

ですから、パソコン購入を検討する際は、自身のプロジェクトに真に必要なスペックを見極める知識と良識が求められます。

動画編集ソフトウェアとの相性を考慮したPCとは

動画編集ソフトウェアとの相性を考慮したPCとは

推奨されるソフトウェア要件を満たすスペック

動画編集に特化したパソコンを検討する際には、使用する編集ソフトウェアの推奨要件を見逃すことはできません。

例えば、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proのようなプロフェッショナル向けソフトウェアは、高度な処理能力とメモリを要求する場合が多いです。

これらのソフトウェアは通常、4K解像度やVRコンテンツ編集などを快適に処理するために、強力なグラフィックスカードと複数の高速CPUコアを備えたシステムを推奨しています。

さらに多くの動画編集プロジェクトは、高速なストレージシステムを必要とします。

そのため、SSDはHDDに比べて読み書き速度が格段に速いことから、編集作業の効率を飛躍的に向上させる要素の一つです。

また、RAID構成にすることで、さらに速度と信頼性を高めることもできます。

RAMに関しては、8GB以上を目安とされていますが、重いタスクや複数の動画を同時に扱う場合は、16GB以上、さらには32GBを備えることが理想です。

一方でOSとしては、最新のアップデートをサポートし、安定した環境を提供するものを選ぶことが大切です。

短期間で結果を求める現代の動画編集では、こうした推奨されるソフトウェア要件を満たすパソコンのスペックへの投資は、作業効率と最終的なクリエイティブの質の向上に直結します。

適切なパソコン選びが、よりスムーズな編集プロセスと、最終的な動画の品質を左右すると言えるでしょう。


マルチタスク処理能力とPCの関係性

動画編集ソフトウェアとの相性を考慮したPC選びでは、マルチタスク処理能力の高さが重要なポイントとなります。

この能力は、動画編集時のスムーズな作業流れを実現し、効率的なプロジェクト遂行に不可欠です。

例えば、高解像度の映像ファイルを扱う際に多くのリソースを要する動画編集では、複数の操作を同時に行うことが頻纍にあるため、CPUのコア数やスレッド数、そしてRAMの大容量化が求められます。

パフォーマンス抜群のパソコンは、強力なプロセッサと十分なメモリを搭載していることにより、複数の動画クリップのプレビュー、エフェクトの適用、エンコードといった処理を一度に扱い、ユーザーに快適な編集体験を提供します。

さらに、グラフィックカードの性能も重要で、GPUアクセラレーションに対応したソフトウェアでは、エフェクトのレンダリングやトランスコードが劇的に速くなります。

こうした背景から、マルチタスク処理に特化したPCの選択は、レンダリングタイムの短縮はもちろん、複数のアプリケーションを平行して動作させることが可能となり、クリエイティブな作業がさらに豊かなものに進化します。

スペックの高いPCを選ぶことは、ただ時間を節約するだけでなく、動画編集のクオリティを向上させる大きな助けとなるのです。

そして、これらの要素は動画編集に必要なPCの最適化へと繋がり、結果的にユーザーの満足度を高めるものといえます。

クリエイター必見! 動画編集用パソコンスペックのトレンド

クリエイター必見! 動画編集用パソコンスペックのトレンド

8K編集時代の到来とPCスペックの影響

8K動画編集は、従来の4KやHD編集と比較して類を見ないほどのデータ量を扱うため、パソコンスペックへの要求が格段に高まります。

この超高解像度が与える影響は甚大で、特にプロセッサ、メモリ、ストレージ速度、およびグラフィックスパフォーマンスは、8K編集時代において致命的なほどに重要な要素となります。

プロセッサにおいては、高いクロック速度と複数のコアを持つモデルが必要ですが、ただ多ければいいというものではありません。

負荷の大きい8K映像をスムーズに処理するには、最新世代の高性能CPUが求められます。

また、忘れてはならないのがメモリです。

8K編集の際は、少なくとも32GB以上のRAMを搭載していることが望ましく、64GB以上があればなお安心です。

ストレージに関しては、速度と容量がミラクルなバランスを保つ必要があります。

SSDはセッションデータの読み書き速度を大幅に高める一方で、数テラバイト単位の大容量も必須であり、ここに究極的なパフォーマンスが求められています。

最後に、グラフィックスカードも見逃せないポイントです。

8K編集を行うには、高品質なビジュアルエフェクトやリアルタイムのカラーグレーディングを実現するために、強力なGPUが重要となり、VRAMが豊富に搭載された最新のモデルが望ましいでしょう。

実際に、これらのスペックを兼ね備えたパソコンを選ぶ際には、現役のプロフェッショナルや信頼性の高い評価を受けたレビューを参考にすることをお勧めします。

そうすれば、8K時代にふさわしい、パフォーマンスに優れたパソコン選びが可能です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL
【ZEFT Z46KL スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster HAF 700 EVO 特別仕様
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

エリートゲーマーへ、アドバンスドクラスのパフォーマンスを提供するゲーミングPC
圧巻の32GBメモリと最新1TB SSDのタッグで、あらゆるゲームが快適に動作
透明なサイドパネルで光る内部構成、ミドルタワーケースが魅せるモダンデザイン
最新技術搭載のCore i7 14700F、マルチタスク処理能力が光る

【ZEFT Z47GK スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

ゲーミング至上主義、快速32GBメモリ搭載の究極ミドルレンジPC
唯一無二のバランス、最新のGeForce RTX™ 4070で視界良好
静寂を紡ぐ、CoolerMaster Silencio S600の洗練された佇まい
エキスパートに捧ぐ、驚愕のCore™i7-14700KFパフォーマンス

【ZEFT Z45AD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL
【ZEFT Z46KL スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster HAF 700 EVO 特別仕様
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

エリートゲーマーへ、アドバンスドクラスのパフォーマンスを提供するゲーミングPC
圧巻の32GBメモリと最新1TB SSDのタッグで、あらゆるゲームが快適に動作
透明なサイドパネルで光る内部構成、ミドルタワーケースが魅せるモダンデザイン
最新技術搭載のCore i7 14700F、マルチタスク処理能力が光る

【ZEFT Z47GK スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

ゲーミング至上主義、快速32GBメモリ搭載の究極ミドルレンジPC
唯一無二のバランス、最新のGeForce RTX™ 4070で視界良好
静寂を紡ぐ、CoolerMaster Silencio S600の洗練された佇まい
エキスパートに捧ぐ、驚愕のCore™i7-14700KFパフォーマンス

【ZEFT Z45AD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

VR/ARコンテンツ制作を見据えたスペック選び

VR/ARコンテンツ制作において、パソコンは創造性を加速する強力なツールです。

動画編集における最新トレンドとしてこの分野は著しい関心を集めており、適切なスペックの選択が成功の鍵を握ります。

特にVR/ARコンテンツは従来の2D動画とは異なる計算量を要求し、リッチなビジュアル体験を実現するためには強力なCPU、たとえばIntelのi9シリーズやAMD Ryzen Threadripperなど、複数のコアを有するプロセッサが推奨されます。

さらに、VR/ARコンテンツの処理には高性能グラフィックスカードが不可欠です。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、リアルタイムでのレンダリングに対応する高いグラフィック性能を持つカードが求められます。

これらは3Dモデルや複雑なシェーダーをスムーズに動かし、没入感のある環境を作り出すために役立ちます。

メモリも見逃せない要素で、VR/ARコンテンツ制作では少なくとも16GB以上を搭載することが推奨されます。

しかし、より複雑なプロジェクトでは32GBやそれ以上のRAMが理想的です。

膨大なデータを一時的に保持し、複数のアプリケーションを同時に快適に動作させるためには、十分なメモリ容量が必要です。

最後に、速度面ではSSDは必須アイテムと言えます。

ハイスピードなデータ読み書きが可能であるため、ラージファイルのロード時間を短縮し、作業の効率化をもたらします。

VR/ARコンテンツ制作は、緻密な作業が求められる分野であり、いかにスムーズに作業を進められるかが品質を左右します。

高速のSSDを搭載することで、編集作業時の待機時間を削減し、クリエイティブなフローを妨げることなく、制作に専念できる環境が整うのです。

高性能なパソコンスペックは、VR/ARという最先端領域を牽引する力強い支えであり、あらゆるクリエイターが追求すべき理想の一つです。

動画編集専用マシンの構築ポイント

動画編集専用マシンの構築ポイント

重要パーツごとの選び方とその理由

動画編集に欠かせないコアコンポーネントとしてまず注目すべきは、プロセッサーです。

高速な処理能力を持て余さず、フッテージのエンコードやリアルタイムプレビューをスムーズにこなせるマルチコアCPUが理想的です。

特に、IntelのCore i7以上やAMD Ryzen 7以上の製品が、複雑なエフェクト処理や同時複数タスクの実行を得意としています。

次に注視するのは、グラフィックスカードです。

NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズのような、CUDAコアやOpenCLなどによるハードウェアアクセラレーションを利用できるモデルは、動画編集ソフトとの相性が良いだけでなく、レンダリング時間の大幅な短縮に貢献します。

メモリに関しては、複数のプロジェクトを一度にこなしたり、高解像度の素材で作業する際に不可欠です。

少なくとも16GBのRAMを推奨しますが、4Kや8K編集を視野に入れるなら32GB以上を搭載するのが望ましいでしょう。

また、素早いデータ読み書きは時間短縮の鍵を握るため、ストレージにはSSDを選択することが重要です。

特にNVMe SSDは、SATA SSDやHDDよりも格段に速い転送速度を誇り、巨大なファイルの取り扱いを格段に改善します。

こうしたコンポーネントを適切に選ぶことで、時間をかけずに高品質な動画制作が可能となり、エディターとしての作業効率は大きく向上します。

動画編集におけるパフォーマンスはこれらのパーツによって決まるため、各々の部品に関しては最新の動向を常にチェックし、最適なものを選定することが成功の鍵です。

拡張性 将来のアップグレードを見越したPC組み立て

動画編集に特化したパソコンを構築する際、将来発売されるソフトウェアや技術の進化に対応できるよう、拡張性のあるシステムを心がけることが不可欠です。

パソコンの拡張性を高めるとは、後にハードウェアをアップグレードが可能な設計を意味し、特にCPUソケットやメモリースロット、マザーボードのPCIeスロットなどの選択に注意を払うべきです。

たとえば、マザーボードは将来の新しいプロセッサーに対応しているか、また多様なメモリやストレージデバイスに対応できる十分なメモリースロットやストレージ接続オプションを備えているかを見極めることが求められます。

これにより、現時点では必要最低限かもしれませんが、後に動画編集ソフトのアップデートや4K、8Kといったより高解像度の動画編集が求められるようになったとき、RAMの追加やより速いSSDへの交換、パワフルなグラフィックスカードへのスイッチを容易に行えます。

さらに、電源ユニットの選択時には余裕を持った出力容量を確保し、将来的に消費電力が増大するコンポーネントのアップグレードにも対応可能な選択を心がけることも重要です。

拡張性のあるパソコンを組み立てることで、動画編集の要求に柔軟に対応し、投資した機材を最大限に活用することができます。

このように、将来を見据えたパソコンの構築は長期的に見てコスト効率が良く、作品のクオリティを常に最先端に保つためには重要な考慮点になります。

スムーズな4K動画編集を実現するPCスペック

スムーズな4K動画編集を実現するPCスペック

4K編集に適したCPUとは

4K動画編集に適したCPUと聞くと、心が躍るのはエディターの方々だけではないでしょう。

なぜなら、4K編集はプロセッサーにかかる負荷が非常に大きく、それを滑らかに処理できるCPUは、たとえばマルチコア構成の高性能モデルである必要がございます。

具体的には、インテルCore i7以上、またはAMD Ryzen 7以上が望まれる選択とされています。

これらのプロセッサーは複数のコアと高いスレッド数を保持しており、複雑なエフェクトやカラーグレーディングなどの処理を迅速かつ効率的にこなすことができます。

さらに、動画編集ではCPUのクロック速度も重要になります。

高いクロック速度を持つCPUは、1秒間に多くの命令を実行することができるため、動画のレンダリングや実時間編集をより高速に行えるのです。

したがって、動画編集の作業効率を上げるためには、基本クロック速度が高く、かつターボブーストやプレシジョンブーストなどの機能を使って一時的にクロック速度を上げられるCPUが理想的であります。

また、4K動画の編集をする場合には、CPUだけではなく、適切なGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)、十分なメモリ容量、高速なストレージが必要となりますが、根幹を担うCPUの選択はそのすべてに影響を及ぼし、編集作業の快適さを決定づける要素です。

最適なパフォーマンスを提供するCPUを搭載したパソコンは、動画編集者にとって命綱であり、スムーズな制作フローを実現させるための、最も重要な歯車のひとつであると言えるでしょう。

4K動画編集とグラフィック性能のバランス

スムーズな4K動画編集を実現するためには、パソコンのグラフィック性能がマストです。

4K動画は驚異的な解像度を誇り、その扱いには相応のGPUの力が求められるからです。

グラフィックカードが高性能であれば、レンダリング速度が劇的に向上し、実際の編集作業が格段に快適になります。

この点において、NVIDIAやAMDの最新世代のグラフィックカードが適しており、特に動画編集を目的とした場合、CUDAコアやRay Tracingなどの機能を備えたモデルがお勧めです。

しかしグラフィックカードだけに偏ったスペックではバランスを欠くため、CPUも見逃せません。

具体的には、多核・多スレッドを活用可能なIntel Core i7以上か、AMD Ryzen 7以上を心がけると良いでしょう。

また、動画編集では大量のデータを一時的に保持する必要がありますから、RAMは32GB以上を用意すると快適な作業が可能です。

ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDを用意し、容量は編集する動画のサイズによりますが最低でも1TBは確保したいところです。

4K動画のスムーズな扱いにはこれらの要素が密接に関連し合い、適切なバランスで構成されたPCスペックが不可欠です。

パフォーマンスを最大限に引き出すことで、動画編集の体験は大きく向上し、クリエイティブな作業がより一層楽しくなりますから、これらのポイントを抑えた最適なマシン選びを心がけましょう。


ゲーム動画クリエイターにおすすめのPC構成

ゲーム動画クリエイターにおすすめのPC構成

ゲーム録画と並行してできる編集作業

ゲーム動画クリエイターが追い求めるのは、ゲームプレイ録画と編集作業を効率的に行える環境です。

特に重要なのは、ゲームのライブストリーミングや高画質プレイ動画をスムーズに録画できると同時に、録画した素材をすぐに編集できるパソコン構成です。

これを実現するには、複数のプロセスを同時に高速に処理できる強力なCPU、例えば多コア・多スレッドのIntel Core i7やAMD Ryzen 7シリーズといったプロセッサが推奨されます。

また、ゲームのグラフィックを美しく表示し、同時に動画エンコード処理を行うためには、高性能なグラフィックカードが不可欠です。

NVIDIA GeForce RTX シリーズやAMD Radeon RXシリーズの最新カードが望ましいでしょう。

これらのカードは非常に高速なレンダリング能力を持っており、複雑なイフェクトやトランジションを含む動画編集においても、タイムライン上でのリアルタイムプレビューを可能にします。

さらに、大量かつ高速なデータ転送を実現するためのSSDは、編集作業の快適さを大幅に向上させます。

特にNVMeインターフェースを持つSSDは、従来のSATA接続よりもはるかに速いデータ転送スピードを誇り、長時間のゲーム動画も素早く読み込むことができます。

また、動画素材の一時保存には、十分な容量のHDDまたはSSDも必要になるでしょう。

最後に、大容量のRAMも忘れてはなりません。

現代の動画編集ソフトウェアは膨大なメモリを消費するため、少なくとも16GB以上のRAMを搭載することが、快適な編集作業には不可欠です。

ゲーム録画と並行して編集を行う場合、32GB以上の搭載を検討するのが賢明です。

これらのスペックを備えたパソコンであれば、ゲーム録画中でもスムーズに編集作業を進めることが可能となり、クリエイティブな作業を臨場感溢れるゲームプレイと共に楽しむことができるのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400 グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB メモリー: 8 GB RAM 公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700 メモリー: 16 GB 公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ライブストリーミングを踏まえたPCスペック

ライブストリーミングを踏まえたPCスペックの選定は、画質と安定性が非常に重要です。

高解像度の映像をリアルタイムで配信する際には、CPUとGPUに相応の処理能力が求められます。

例えば、インテルのCore i7以上あるいはAMD Ryzen 7シリーズのプロセッサは、複数のコアを有しており、同時に複数の作業が可能です。

メモリに関しては、最低16GB以上が理想的ですが、できれば32GBを検討すると、快適な編集が行えます。

ストレージは、高速な読み書きが可能なSSDをメインにし、大容量のデータを扱うなら追加でHDDを装備するのが賢明です。

特にSSDはOSや編集ソフトの動作用に、最低500GBは確保したいところです。

GPUに関しては、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやRTX シリーズ、AMDのRadeon RX シリーズなどがおすすめです。

リアルタイムでのグラフィック処理には、高性能なビデオカードが不可欠であり、特にRTX シリーズのようにレイトレーシングに対応したモデルを選ぶと、将来的にも対応力を維持できます。

結局、ライブストリームでのゲーム配信や動画編集においては、強力なパフォーマンスが要求されます。

適切なスペックを備えたPCは、スムーズで品質の高いストリーミング体験を提供し、視聴者に快適な視聴環境をもたらします。

最適なPC構成を選ぶことは、クリエイターがその才能を最大限に発揮するためには不可欠であり、クリエイティビティを妨げることなく作品を創るための強力な支援者となります。

プロ級動画制作に適したハイエンドPCスペック

プロ級動画制作に適したハイエンドPCスペック

作業効率を上げる高性能プロセッサー

動画編集において、作業効率を向上させるためには、高性能プロセッサーが不可欠です。

長時間にわたる編集作業や重たいエフェクトの処理、複数の映像トラックを同時に扱う場面では、プロセッサーの能力が直接的に動画の品質と生産性に影響を及ぼします。

最新のマルチコアCPUは、高度な動画編集タスクでも余裕を持って対応できる力を備えています。

特に、インテルのCore i7やi9、そしてAMDのRyzen 7やThreadripperといったシリーズは、複雑な処理をスムーズに扱うために設計されているため、プロフェッショナルな編集者にとって理想的な選択肢となります。

さらにカラーグレーディングや3Dモデリングなどの特定の作業を効率化させるためには、高い動作クロックとキャッシュメモリーを豊富に備えることも大切です。

これらの要素は、膨大なデータを瞬時に処理し、短時間でのレンダリングを可能にし、待ち時間を削減して動画編集のスピードアップに寄与します。

プロセッサーの選択は編集のスタイルや必要なパフォーマンスに応じたものでなければならず、結果として編集作業の流れをスムーズに保ちながら、創造性の発揮に集中できる環境を実現することができます。

プロレベルの動画編集において、プロセッサーは単なる心臓部にとどまらず、編集作業の質と効率を決定づける重要な役割を担います。

最適なプロセッサーを搭載したパソコンを選ぶことは、動画作品を次のレベルへと引き上げるための賢明なステップです。

メモリとストレージの最適な組み合わせ

動画編集においてメモリとストレージは息をするかの如く重要です。

高解像度の映像を取り扱う際にはメモリは十分な大きさが必要となりますが、一般的には16GBから32GBが適切な容量でしょう。

これにより、複数のソフトウェアを同時に活用するマルチタスキングや、膨大なデータの一時的な保存がスムーズに行えます。

また、ストレージには作業用のSSDと大容量のHDDを組み合わせることが望ましいでしょう。

SSDでは、その高速な読み書き能力を活かして、作業中のプロジェクトファイルや頻繁にアクセスする素材を扱うことで効率化を図ります。

具体的には、NVMeに対応したSSDが理想的で、速度が必要な動画編集の作業環境において特にそのメリットを感じることができるでしょう。

他方、大容量データのアーカイブ用としてHDDを使用することでコストを抑えつつ必要なストレージスペースを確保し、バランス良いシステム構築を目指します。

作業中はSSDからの高速アクセスが可能でありながら、不要になったプロジェクトはHDDに保存することで、必要な時にサッと取り出すことができるようになります。

これは時間の節約だけでなく、作業の快適さをもたらす要素です。

動画編集のパフォーマンスを左右するメモリとストレージの組み合わせは、クリエイティブな作業を一段とスムーズに、かつ効率的に進めるための土台と言えるでしょう。

動画編集パソコンスペックの比較とレビュー

動画編集パソコンスペックの比較とレビュー

市販されている動画編集向けPCモデルの分析

市販されている動画編集向けPCモデルの分析において、まず注目すべきは、高速なプロセッサーが配置されているかどうかです。

動画編集作業では、多くのデータを素早く処理する必要がありますので、インテルのCore i7以上やAMDのRyzen 7以上のような高性能CPUを搭載したモデルが望ましいです。

次に、大量の動画データを快適に扱うためには、十分な容量のRAMが不可欠です。

16GBを最低ラインとし、より大きなプロジェクトや4K編集を想定するならば32GB以上が理想的といえるでしょう。

さらに、グラフィック処理能力についても重要視されます。

専用の高性能グラフィックカードを備えたPCは、リアルタイムでのエフェクト適用やエンコードなど、GPUを活用する作業をスムーズに行うことが可能です。

また、データ保存用のストレージでは、速度が求められるためSSDの採用が増えています。

高速なNVMe SSDは、大容量ファイルのロードや書き出し時間を大幅に短縮し、作業の効率化に寄与します。

ただし、動画ファイルはサイズが大きいので、外部ストレージとの連携も考慮に入れた設計がなされたPCを選ぶことも重要です。

実際のモデルを見てみると、DellのXPSやAppleのMacBook Proなどが動画編集に推奨されることが多いですが、これらには高品質のディスプレイも大きなポイントとなります。

色再現性や明るさ、コントラスト比に優れ、ビデオエディターが細かなカラーグレーディングを行うのに適しています。

さらに、連続作業を行う際の冷却能力も見逃せません。

静かで効率的な冷却システムを備えていることは、長時間の作業を快適に進める上で欠かせません。

合わせて、音声編集にも配慮されたモデルであるかどうかも、動画編集のPC選びにおいて重視すべき点と言えます。

高音質のオーディオ出力はもちろん、ノイズキャンセル機能を搭載したマイクロフォンなどが付属していると、ポストプロダクションの効率も向上します。

これらの機能を全て搭載し、かつバランスよく構成されたPCモデルを精選し、それらの使い勝手や性能を詳細に分析したレビューを提供することが、執筆者としての役割です。

最適な動画編集PC選びにおける指針を示すために、様々な角度からの分析を心がけ、ユーザーが賢明な選択をするための情報を惜しみなく提供してまいります。

ユーザーレビューに基づく実用性評価

動画編集におけるパソコンスペックの重要性は、編集工程のスムーズさに直結します。

ここでは、ユーザーレビューに基づく実用性評価をご紹介します。

日常の動画制作を行うユーザーたちは、多くの時間をレンダリング待ちで無駄にしてはならないと口を揃えます。

高解像度の映像を扱う場合、特にプロセッサの性能が作業効率に影響を及ぼすとの声が多く聞かれます。

例えば、コア数が多いCPUは、複数のタスクを同時進行できるため、動画編集では大幅な時間短縮につながります。

また、実際の動画編集シーンで必要とされるのは、豊富なRAMです。

メモリが16GB以上あることで、大量のデータを一時的に保持し、スムーズな編集作業を実現することができます。

ユーザー評価では、高速なSSDの使用によって起動速度やファイルの読み書き速度が向上し、作業のイライラを大幅に軽減できるとの声もあります。

グラフィック処理性能も疎かにできない要素で、特に4K編集を頻繁に行うユーザーからは、専門的なグラフィックカードを推奨する声が寄せられています。

ビデオエフェクトのプレビュー作業の際には、グラフィックカードが直接パフォーマンスを左右するため、この部分の投資は割高感を感じさせません。

結論として、ユーザーレビューから得られる情報は、現実的なパフォーマンスの期待値を把握する上で貴重です。

実際の使用感を反映した評価は、単なるスペック表記以上の価値を提供し、各ユーザーに最適な動画編集用パソコン選びに欠かせない情報源となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次