動画編集の快適さを左右する! パソコンスペックの極意

目次

動画編集に最適なCPU選び コア数とクロック速度の秘訣

動画編集に最適なCPU選び コア数とクロック速度の秘訣

マルチコアプロセッサのメリットと動画編集への影響

映像を創る上で、マルチコアプロセッサは一つの奇跡のような存在です。

それは、複雑かつ時間を要する動画編集作業を驚くほどスムーズに、そして速く進めるお手伝いをするからです。

動画編集は多くのデータを扱い、エフェクトの適用やレンダリングといったプロセスが非常にCPUを使う作業です。

このとき、マルチコアプロセッサがその力を発揮します。

各コアが異なるタスクを同時に処理できるため、シングルコアのCPUに比べますと、処理速度が格段に向上し、作業効率が大きく改善されます。

例えば、動画のエンコードやエフェクトのレンダリングといった作業が、同時に複数並行して行われることができるのです。

また、クロック速度もパフォーマンス向上に役立ちます。

これはプロセッサが1秒間に行う計算の数を意味し、一般的に数値が高いほど高速に作業をこなすことができます。

しかし、クロック速度だけが速ければ良いというものでもありません。

最適なバランスを見極めることが大切です。

なぜなら、マルチコアプロセッサにおいては、複数のコアが協調して作業を分担することが重要であり、個々のクロック速度の高さよりも、全体のバランスが作業の流れに影響を与えるからです。

動画編集を快適に進めるためには、これらの特性を理解し選ぶことが、結果としてタイムセービングとクオリティの向上に直結します。

適切なマルチコアプロセッサを選び出し、その能力を最大限に引き出すことが、編集作業の品質を格段に高める鍵となるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41198 2404 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41147 2345 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41147 2345 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38614 2067 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38538 2038 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35532 2223 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35532 2223 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33782 2197 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33782 2197 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32556 2091 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32556 2091 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29273 2029 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28873 1959 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27054 2034 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24655 2092 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24655 2092 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22090 1939 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20376 2005 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19518 1927 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17742 1807 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16056 1769 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16056 1769 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15298 1971 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9080 1738 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9080 1738 公式 価格


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

ハイエンドな性能でゲームも作業もスムーズ、頼れるゲーミングPC
強力なi9とRTX 4070が生み出す、理想的なパワーバランス体験
スリムでスタイリッシュ、マイクロタワーにRGBの輝きが美しいケース
最新i9プロセッサが提供する、圧倒的なマルチタスク性能

【ZEFT Z47CF スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

処理速度と映像美の融合を実現した、高性能ゲーミングPC
RTX 4060Ti搭載、バランス良く高性能なスペックが魅力
明るく輝くインテリアも映える、エアフロー設計のCorsair 4000D筐体
タスクを速攻処理、Core i7 14700KFが心強い味方

【ZEFT Z45DAU スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

アドバンスドセグメントの心臓で日々の戦いも余裕のゲーミングPC
進取のバランス、フルパワー32GBメモリ×RTX™ 4070の快速マシン
コンパクトなのに大胆、透明サイドパネルで内部がキラリモデル
ターボ動力の新世代Core™i3-14100、快適動作の心臓部

【ZEFT Z45DBW スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

極上の体験を提供するハイエンドなゲーミングPC、用途を選ばない多才なモデル
最新の業界標準を駆使した、迫力満点でスムーズなパフォーマンスを実現するバランスPC
透明なサイドパネルが内部を魅せる、スタイリッシュなデザインのミドルタワーケース
頂点を極める速度、Core i9の力であらゆる作業を軽快に演出するCPU

【ZEFT Z45BF スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

ハイエンドな性能でゲームも作業もスムーズ、頼れるゲーミングPC
強力なi9とRTX 4070が生み出す、理想的なパワーバランス体験
スリムでスタイリッシュ、マイクロタワーにRGBの輝きが美しいケース
最新i9プロセッサが提供する、圧倒的なマルチタスク性能

【ZEFT Z47CF スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

処理速度と映像美の融合を実現した、高性能ゲーミングPC
RTX 4060Ti搭載、バランス良く高性能なスペックが魅力
明るく輝くインテリアも映える、エアフロー設計のCorsair 4000D筐体
タスクを速攻処理、Core i7 14700KFが心強い味方

【ZEFT Z45DAU スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

アドバンスドセグメントの心臓で日々の戦いも余裕のゲーミングPC
進取のバランス、フルパワー32GBメモリ×RTX™ 4070の快速マシン
コンパクトなのに大胆、透明サイドパネルで内部がキラリモデル
ターボ動力の新世代Core™i3-14100、快適動作の心臓部

【ZEFT Z45DBW スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

極上の体験を提供するハイエンドなゲーミングPC、用途を選ばない多才なモデル
最新の業界標準を駆使した、迫力満点でスムーズなパフォーマンスを実現するバランスPC
透明なサイドパネルが内部を魅せる、スタイリッシュなデザインのミドルタワーケース
頂点を極める速度、Core i9の力であらゆる作業を軽快に演出するCPU

【ZEFT Z45BF スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

高クロック速度のCPUか、多コアCPUか、どちらを選ぶべき?

動画編集に最適なCPUを選ぶ際には、コア数とクロック速度が重要な役割を演じます。

高クロック速度のCPUとは、単位時間あたりの演算処理数が多いことを意味し、特定のタスクをより迅速に実行する優れた能力を持っています。

一方で、多コアCPUは、複数の処理を同時に行うことができるため、複雑なマルチタスク処理や複数のプロセスを要する作業においてその性能を発揮します。

動画編集の場合、レンダリングやエンコーディングなどのプロセスが多コアCPUの恩恵を大いに受けるため、高コア数のCPUを選択することが推奨されることが一般的です。

しかし、一部のソフトウェアやエフェクトはクロック速度に依存することもあり、その場合は高クロック速度のCPUが有利です。

さらに、最適な選択をするには、使用する編集ソフトウェアがどのようなCPUリソースを利用するのかを理解することが不可欠です。

例えば、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどのハイエンドな編集ソフトウェアは、高コア数を活用して効率よく動作しますが、一部の効果や処理はシングルスレッドに最適化されており、この場合にはクロック速度がパフォーマンスに影響を与えます。

結局のところ、動画編集における快適な作業フローを実現するためには、現在の編集ソフトウェアやプロジェクトの要件に基づいて、バランスの取れた高コア数かつ高クロック速度を兼ね備えたCPUを選ぶことが望ましいです。

予算と必要とされるスペックのバランスを見極めつつ、自分の編集作業にベストな選択を心がけましょう。

RAMの重要性 動画編集における理想のメモリ容量

RAMの重要性 動画編集における理想のメモリ容量

メモリは多ければ多いほど良い? 動画編集での適切なガイドライン

動画編集の世界では、RAMの重要性は決定的です。

特に高解像度の映像素材や複雑なエフェクトを駆使する際には、十分なメモリがパフォーマンスのボトルネックを回避する鍵となります。

一言で言えば、RAMは多ければ多いほど良いとは限りませんが、編集作業のスムーズさには直結する要素であることは間違いありません。

では、動画編集に最適なメモリ容量とは何でしょうか。

基本的には16GBのRAMを最低ラインと捉えることが多いですが、4Kやそれ以上の解像度で作業を行う場合や、多層にわたるエフェクトやカラーグレーディングを多用する場合、32GB以上を推奨する声が業界内には強いです。

特にビデオ編集のプロフェッショナルとして活躍を目指すなら、64GBやそれ以上を搭載することで、将来的なニーズにも柔軟に対応できるでしょう。

とはいえ、メモリの増設にはコストが伴います。

そのため、現実のプロジェクト要件や予算を考慮しつつ、効率的なスペックを選ぶ必要があるのです。

もし比較的軽量な編集作業が主であれば、さほど大容量でなくとも快適に作業できることもあります。

しかしながら、快適な編集作業を保障するには、余裕をもったメモリ容量を備えることが望ましいでしょう。

結局のところ、動画編集においては適切なメモリ容量というのは、編集する動画の内容と要求水準によって左右されます。

編集ソフトウェアの推奨スペックを参考に始め、編集作業中のメモリ使用率を常にチェックし、今後のアップグレードの目安にするのが賢明です。

パフォーマンス向上のためには、適切なメモリ容量を確保して、創造性を最大限に引き出しましょう。

RAMスピードとタイミング 編集の効率を最大化するための選び方

動画編集の世界では、RAMスピードとそのタイミングは、さながら精巧な時計仕掛けのような役割を果たします。

編集作業の効率を最大限に高めるためには、メモリの選択に妥協はできません。

メモリの速度、表記されるMHz数値は、データの転送速度を意味し、これが高ければ高いほど動画の素材を素早く処理できるようになります。

編集時に複数の映像レイヤーを快適に扱いたいのであれば、スピードの速いRAMを搭載することが鍵となるでしょう。

一方で、タイミング、つまりレイテンシは、メモリがコマンドに応じるまでに要する時間を指し、小さな数値であるほどレスポンスが良くなります。

動画を滑らかに再生し、編集中にもたつきがないようにするためには、レイテンシの低いメモリを選定することが重要です。

スピードもタイミングも、双方が調和して初めて、動画編集の作業効率は飛躍的に向上するのです。

結局のところ、動画編集をスムーズに進行させるためには、ただメモリ容量が大きければ良いというわけではなく、スピードとタイミングという二つの要素を見極める洞察が求められます。

このバランスを見つけ出すことで、編集作業が一層快適なものになり、クリエイティブな時間を余すことなく使いこなせるようになるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

熱いバトルを支えるパフォーマンス、スーペリアバジェットクラスのゲーミングPC
調和の取れた速度とパワー、32GBメモリ搭載でスムーズなマルチタスク性能
静寂に包まれた強さ、Silencio S600の美しく静かなケースデザイン
強力な心臓部、最新Core i7 14700KFで快適な処理速度を実現

【ZEFT Z45GD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

究極のゲーム体験を実現するハイエンドなゲーミングPC
クリアパネルで美しさ際立つ、ミドルタワーのデザイン性PC
ハイパフォーマンスをコミットする最新Core i9 搭載モデル
リアルな映像を再現する優れたRTXグラフィック

【ZEFT Z45DBFI スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

真のパフォーマンスを求めるゲーマーに最適なハイバリュースタンダードゲーミングPC
バランスが鍵!高速16GB DDR5メモリとGeForce RTX 4060のパワーコンビ、快速プレイの新基準
クリアサイドパネルが内部の美技を映す、ミドルタワーの洗練された美モデル
Ryzen 7 7700の優れた処理能力、タスクの嵐も軽々と乗り越えるCPU

【ZEFT R56DAN スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

ゲーミングと創造性を刺激する、ミドルレンジのハイパフォーマンスPC!
最新ゲームも快適動作、メモリも32GBで文句なしのパフォーマンスマシン!
NZXTのエレガントなホワイトケースで、スタイリッシュさを際立たせるデザインPC
パワフルかつ効率的なCore i7で、重負荷なタスクもスムーズにゲーミングPC

【ZEFT Z45AGC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

熱いバトルを支えるパフォーマンス、スーペリアバジェットクラスのゲーミングPC
調和の取れた速度とパワー、32GBメモリ搭載でスムーズなマルチタスク性能
静寂に包まれた強さ、Silencio S600の美しく静かなケースデザイン
強力な心臓部、最新Core i7 14700KFで快適な処理速度を実現

【ZEFT Z45GD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

究極のゲーム体験を実現するハイエンドなゲーミングPC
クリアパネルで美しさ際立つ、ミドルタワーのデザイン性PC
ハイパフォーマンスをコミットする最新Core i9 搭載モデル
リアルな映像を再現する優れたRTXグラフィック

【ZEFT Z45DBFI スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFI

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

真のパフォーマンスを求めるゲーマーに最適なハイバリュースタンダードゲーミングPC
バランスが鍵!高速16GB DDR5メモリとGeForce RTX 4060のパワーコンビ、快速プレイの新基準
クリアサイドパネルが内部の美技を映す、ミドルタワーの洗練された美モデル
Ryzen 7 7700の優れた処理能力、タスクの嵐も軽々と乗り越えるCPU

【ZEFT R56DAN スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

ゲーミングと創造性を刺激する、ミドルレンジのハイパフォーマンスPC!
最新ゲームも快適動作、メモリも32GBで文句なしのパフォーマンスマシン!
NZXTのエレガントなホワイトケースで、スタイリッシュさを際立たせるデザインPC
パワフルかつ効率的なCore i7で、重負荷なタスクもスムーズにゲーミングPC

【ZEFT Z45AGC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

ストレージの選択 SSD対HDD、動画編集に最適なのはどっち?

ストレージの選択 SSD対HDD、動画編集に最適なのはどっち?

SSDの速度と動画編集作業への影響

動画編集では、大容量のデータを扱うため、ストレージのパフォーマンスが極めて重要です。

SSD、すなわちソリッドステートドライブは、動画編集作業への影響が顕著に現れるコンポーネントの一つとされています。

従来のHDDに比べ、SSDは速度面で圧倒的な利点を有しています。

その理由として、断片化の影響を受けにくく、アクセス時間が短いため、ファイルの読み書きが迅速に行われる点が挙げられます。

動画編集では、高解像度のデータを頻繁に読み込み、編集、書き出しする作業が繰り返されるため、SSDの高速なデータ転送能力は、プロジェクトの効率化に寄与します。

例えば、複数のビデオトラックにリアルタイムでエフェクトを適用する際や、複雑なタイムラインをスムーズにスクラブする場合、SSDの迅速な反応速度は編集作業を格段に快適にします。

また、4Kや8Kといった高解像度動画を扱う際には、さらに高速な読み込みが求められ、SSDの搭載はほぼ必須条件といえるでしょう。

これらの点から、動画編集専用マシンを構築する際には、SSDの速度が作業の流れをスムーズにし、タスクの遅延を防ぐために重要な役割を果たすことが理解されています。

現行のSSDの中には、NVMeを採用した高速モデルも存在し、これらはSATA SSDに比べてさらに高速なデータ転送を実現します。

動画編集を行う際には、これらのスペックを考慮した上で、ストレージ選びを行うことが、快適な編集環境を構築する鍵となるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

大量のビデオデータを扱う際のストレージ管理テクニック

動画編集の作業効率を大幅に向上させることができるのが、適切なストレージ管理テクニックです。

動画編集時には、フッテージ、プロジェクトファイル、出力される動画など、大量のビデオデータが生成されます。

高速アクセスが必要な現行プロジェクトはSSDに保存することで、瞬時の読み書きが可能となり、待ち時間が削減されます。

また、SSDは動きの速さだけでなく、耐衝撃性にも優れており、データの損失リスクを低減します。

その一方で、アーカイブ用途やコストを考えた場合、大容量でコストパフォーマンスに優れたHDDの利用が適しています。

使用しないプロジェクトファイルや完成した動画はHDDに移動させ、保管することが望ましいです。

このように、活用中のプロジェクトと長期保存するデータを適切に分け、スムーズなデータの取り出しと安全な保管を実現します。

加えて、動画編集用のパソコンでは、複数のドライブを設置することが推奨されます。

作業中のプロジェクトファイルをSSDの第一ドライブに、一時ファイルやキャッシュを別のSSDドライブに配置しておくと、データの読み込みと書き込みが同時に行われる際の競合を避け、さらなる作業の効率化を図ることができます。

ストレージの選択と管理は、快適な動画編集環境を構築する上で欠かせない要素ですので、慎重に計画を立てることが重要です。

グラフィックスカード(GPU)の選択 必要性とパフォーマンス

グラフィックスカード(GPU)の選択 必要性とパフォーマンス

GPUアクセラレーションとは? 認識すべき動画編集ソフトの要件

動画編集の際、グラフィックスカード、すなわちGPUの選択は、その作業を快適に進める上で欠かせない要素です。

とりわけ、GPUアクセラレーションは、効率的な編集作業に不可欠な機能であり、現代の動画編集ソフトはこの機能をフル活用しています。

GPUアクセラレーションとは、動画編集ソフトがグラフィックスカードの計算能力を利用して、ビデオのエンコードやレンダリング、さらにはエフェクト処理を高速化する技術です。

これによりCPUの負荷が軽減され、総合的なパフォーマンスの向上が図られます。

動画編集ソフトの要件としてGPUアクセラレーションを考慮する際、そのソフトが対応しているGPUの種類やドライバのバージョンを認識し、最適なグラフィックスカードを選択することが肝要です。

特に4Kや8Kといった高解像度の動画編集をスムーズに行いたい場合、高性能なGPUのサポートは不可欠となるでしょう。

さらに、多くのエフェクトを使用する複雑なプロジェクトでは、GPUのメモリ容量が大きいほど、快適な動画編集体験が保証されます。

また、GPUはシステム全体のバランスを考慮して選ぶ必要があり、CPUやRAM、ストレージとの兼ね合いで総合的なパフォーマンスが決定されます。

グラフィックスカード選びでは、将来のアップグレードの余地を残すことも重要です。

編集ソフトのアップデートや新たなコーデックの登場に対応するため、アップグレードパスを予想し、長期的な視点での選択を心がけることが望ましいです。

動画編集を軸にデジタルコンテンツの創造を進める際、GPUはまさにその心臓部と言えるでしょう。

選択する際には、自身のプロジェクトに最適なGPUアクセラレーションの実力に目を向け、最適なスペックとパフォーマンスを得られるような賢明な判断が求められます。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36173 73702 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30080 73001 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29127 67941 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26164 67124 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23725 55328 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19923 50191 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19233 50835 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17966 45620 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16987 42204 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13458 34412 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13457 34859 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13341 34230 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12462 30207 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10824 31559 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10653 28420 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10644 27344 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7334 19508 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15950 130W 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

エフォートレスクラスのパフォーマンス、ゲーム愛好家も唸るゲーミングPC
均整の取れた高性能、スムーズなゲームプレイを支えるスペック
スタイリッシュかつ機能的、スチールのサイドパネルが際立つミドルタワーモデル
Core i7 14700採用、高速処理が可能なCPUでタスクを軽快にこなす

【ZEFT Z47BM スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

エンターテインメントとクリエイティブの境界を超える、このマシンでプレイも仕事もスムーズに
速度と安定性、美しさが融合した32GB DDR4メモリとGen.4 SSD搭載のバランスモデル
プレミアムなサイレンス ? Silencio S600ケースで洗練されたデザイン性と静穏性を誇る
分厚いタスクもサクッと処理、Core i5 14600KFで快適プロセス

【ZEFT Z45G スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

エフォートレスクラスのパフォーマンス、ゲーム愛好家も唸るゲーミングPC
均整の取れた高性能、スムーズなゲームプレイを支えるスペック
スタイリッシュかつ機能的、スチールのサイドパネルが際立つミドルタワーモデル
Core i7 14700採用、高速処理が可能なCPUでタスクを軽快にこなす

【ZEFT Z47BM スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

拡張性とパフォーマンスに優れる、ミドルレンジグレードのハイブリッドPC
最新のRTX 4070Ti搭載で、快適プレイとクリエイティブ作業をバランス良く実現するモデル
スタイリッシュなミドルタワーケースで、デスクをスマートに演出
速度とコストパフォーマンスを両立する、Core i5 14600KFが中核を担う

【ZEFT Z45L スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

エンターテインメントとクリエイティブの境界を超える、このマシンでプレイも仕事もスムーズに
速度と安定性、美しさが融合した32GB DDR4メモリとGen.4 SSD搭載のバランスモデル
プレミアムなサイレンス ? Silencio S600ケースで洗練されたデザイン性と静穏性を誇る
分厚いタスクもサクッと処理、Core i5 14600KFで快適プロセス

【ZEFT Z45G スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

エントリーレベルからハイエンドまで 動画編集用GPUガイド

動画編集用のグラフィックスカード(GPU)は、膨大な映像データを処理する上で重要な役割を持ちます。

エントリーレベルのGPUでも基本的な編集作業をこなすことはできますが、4K解像度の編集や、複雑なエフェクトを多用する作業では、そのリソースはすぐに役不足となります。

一方で、高性能なハイエンドGPUは、これらの処理を軽々とこなし、編集作業の効率を飛躍的に向上させることができます。

作業の快適性を追求するならば、Adobe Premiere ProやDaVinci ResolveのようにGPU加速を活用する編集ソフトウェアの推奨スペックを考慮してGPUを選択することが肝要です。

多くの場合、中間クラスのGPUであっても実作業の大半においては滑らかなパフォーマンスを実現しますが、レンダリング時間の短縮やリアルタイムでの高解像度プレビューなどを考えると、ハイエンドGPUへの投資は価値があるでしょう。

映像作品における色彩や微細なディテールを正確に扱うためには、色深度やシェーダーの数に優れたGPUが求められます。

また、複数のモニターを駆使する編集作業では、複数のディスプレイ出力に対応していることや、高い解像度での出力能力もポイントとなります。

現在では、リアルタイムレイトレーシングが実現するなど、GPUの技術が進化しており、動画編集に求められる高いグラフィック処理能力を持つモデルが各メーカーからリリースされています。

エフェクトのプレビューやエンコード処理など、GPUの処理能力が明確な差となる場面では、CUDAコアやTensorコアといったNVIDIAの技術や、AMDのRadeonカードのストリームプロセッサ数が性能の指標となります。

これらは編集ソフトウェアがどのようにGPUを利用するかによって、その有効性が変わるため、自身が主に使用するソフトウェアの対応状況をチェックすることが大切です。

結局のところ、動画編集用のGPU選択においては、使用する編集ソフトウェアや編集するコンテンツの種類とレベルを踏まえて、バランスの良いスペックを備えたモデルを選ぶことが求められます。

最新テクノロジーを搭載したハイエンドモデルから、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルまで選択肢は多岐にわたりますので、編集作業のニーズに合わせて賢明な選択をしていくことが動画編集の快適さを左右する鍵といえるでしょう。


動画編集ソフトウェアの要求とパソコンのマッチング

動画編集ソフトウェアの要求とパソコンのマッチング

主要な動画編集ソフトウェアと推奨スペックの概要

動画編集ソフトウェアが快適に機能するためには、パソコンのスペックが非常に重要になります。

例えば、Adobe Premiere Proの場合、フルHD以上の映像を扱うならば最低でもCore i5以上のプロセッサ、8GB以上のRAM、または4GB以上のGPU VRAMが推奨されます。

一方、Final Cut Pro Xを活用する際には、macOS専用ソフトウェアであり、Macの中でもQuad-core以上のIntelプロセッサやメインメモリとの兼ね合いが大切です。

さらに、DaVinci Resolveでの作業を計画しているならば、16GB以上のRAMが求められ、特にカラーグレーディングや複雑なエフェクトを惜しみなく使用することを考えると、それ以上の高スペックが必要です。

その他のソフトに関しても、4K編集を前提とするなら、多くの場合で、より速いプロセッサ、追加のRAM、そしてより力強いグラフィックカードが求められることが一般的です。

このような推奨スペックは、動画編集作業のスムーズさを保証し、時間の浪費を減らし、創造的なフローを妨げることなく、作品制作に集中できる環境を提供するためのものです。

パソコン選びではこれらの要因を総合的に考慮し、ソフトウェアの要求に適合しつつ、将来的なニーズにも対応できるような柔軟性も見据える必要があります。

そこで何を優先するかは、使用するソフトウェアの種類、編集する映像の解像度、そして何よりも自分の制作スタイルに密接にリンクしています。

ソフトウェアごとのパフォーマンス最適化 設定とスペック

動画編集ソフトウェアにはそれぞれ独自の性能が必要とされ、お使いのパソコンがこれらのニーズにどう応えられるかが重要です。

例えば、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proのようなプロフェッショナル向けツールは、高い処理能力とメモリを要求します。

これらのソフトウェアは多層にわたるエフェクトや複数のフットレージを同時に扱うため、パソコンのスペックが編集作業の効率を大きく左右します。

高解像度の動画をスムーズに編集するには、強力なグラフィックスカードが不可欠です。

4K編集では、専用のVRAMを豊富に備えたグラフィックスカードを選ぶことで、プレビューや実際のレンダリングが速くなります。

また、プロセッサは複数のコアを有するものが望ましく、動画編集作業を複数のスレッドで同時に処理することで時間を節約します。

さらに、RAMは少なくとも16GBを目安にすることで、多くのデータを一時的に保存してすばやくアクセスすることが可能となり、非線形編集の操作性が向上します。

実際にソフトウェアを最適化する際は、設定メニューからプロジェクトのデフォルト設定を動画の種類や使用機材に合わせて調整します。

例えば、GPUアクセラレーションを有効にすることでグラフィックスカードの力を借りて、処理速度の向上を図ることができます。

ディスクキャッシュのサイズを増やすことで、プレビューファイルの保存により快適な編集環境を確保することも大切です。

これらの最適化を通じて、パソコンとソフトウェアをシームレスに連携させることができれば、動画編集はより一層の快適さを実現します。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

モニターと色再現性 動画編集の見落としがちな要素

モニターと色再現性 動画編集の見落としがちな要素

色精度とコントラスト比 動画編集での重要性

動画編集を行う際には、パソコンのCPUやメモリといった内部スペックが重要視されがちですが、モニターの性能というのもまた極めて重要な要素です。

とりわけ色精度とコントラスト比は、編集した映像が最終的な出力でどのように見えるかを大きく左右します。

色精度が高く、正確な色を再現できるモニターを使用することで、画面上で見ている色が現実世界の色や他のディスプレイで表示される色と一致し、意図した通りの色彩で動画を制作できます。

コントラスト比が優れていると、明るい部分と暗い部分の差がはっきりとし、映像の深みが増し、詳細な陰影を再現することが可能になります。

特にプロのエディターや映像作家たちは、標準的なモニターよりも幅広い色域をカバーするプロフェッショナル向けのモニターを選ぶことで、その差をよりはっきりと感じることができるでしょう。

正確な色再現性と優れたコントラスト比を持つモニターは、編集中に細かい色のニュアンスや明暗を見逃さず、仕上がりの品質に対するこだわりを育むことに直結します。

動画編集においてこれらの要素は見落としがちですが、編集後の映像が多くの人の目に触れることを考えれば、十分な検討と投資を行うべき重要なポイントです。

そうすることで、編集のプロセスはより快適に、そして作品の出来栄えも格段に向上するはずです。

モニターサイズと解像度 ワークフローに合わせた選び方

動画編集においてモニターサイズと解像度は、快適な作業環境を構築する上で見逃せないポイントです。

解像度が高いモニターは、細かいディテールを把握しながらの編集作業をサポートし、より精密なカット編集やエフェクトの調整を可能にします。

一方で、大画面モニターは複数のウィンドウを同時に開いて作業する際にその真価を発揮し、タイムラインやツールパネル、プレビューウィンドウを効率的に配置でき、ストレスフリーな編集作業をサポートします。

ワークフローに合わせたモニター選びは、単に大きさや解像度だけで選ぶのではなく、作業内容の特性を理解し選択することが肝心です。

例えば、4K以上の高解像度映像を扱う場合は、同等の解像度を持つモニターを活用することで、リアルタイムでの精緻な編集が可能になります。

また、マルチタスクに対応した作業を行う際には、ウルトラワイドモニターや複数のディスプレイを用いることで、作業効率の向上が期待できます。

動画編集の専門家としては、モニターはただの表示装置ではなく、創造性を最大限に引き出すための重要なツールとして位置づけるべきです。

そのためには、色再現性が高く、目に優しい設計のモニターを選択し、長時間の編集作業も快適に過ごせるよう配慮することが重要です。

現在の動画編集環境において、適切なモニター選びは編集作業の質を決定づける要素とも言えるでしょう。

編集者が直面する具体的な課題を理解し、それらに対応したモニターを選ぶこと。

それが求められるスペックへの真の理解を体現する最良の方法です。

冷却システム 安定したパフォーマンスを維持する秘訣

冷却システム 安定したパフォーマンスを維持する秘訣

動画編集時の熱問題とその対策

動画編集時の熱問題は、パソコン内部の電子部品が高負荷に晒されることで生じます。

これにより効率的な冷却システムが重要になってくるのです。

良質な冷却システムは、高性能なCPUやGPUなどの温度を適切に制御し、継続的に安定した動画編集作業を可能にします。

具体的な対策として、エアフローや液冷システムを最適化することが挙げられます。

エアフローでは、パソコンケースの設計に工夫を凝らし、熱気が内部にこもりにくい構造を採用することが効果的です。

さらに、高品質なケースファンを使用して外部からの新鮮な空気を積極的に取り込み、熱がこもることを避けることが肝心です。

一方、液冷システムはその静音性と高い冷却効率で知られます。

熱を直接液体に伝えることで迅速に処理することができ、長時間に及ぶ動画編集作業でもパフォーマンスの低下を防ぐことができるのです。

ただし、液冷システムは保守が必要であり、定期的なメンテナンスを怠ると逆効果になることもあります。

動画編集用パソコンの冷却システムは、静かで安定した環境を提供するだけでなく、ハードウェアの寿命を延ばす効果もあります。

そのため、適切な冷却ソリューションの選定は、ストレスのない編集作業と、長期にわたる機器投資の最大化に役立ちます。

パソコンを選ぶ際は、冷却システムに注目し、高品質で信頼性の高いコンポーネントを備えたモデルを選ぶべきです。

エアフローと冷却オプション ひずみのないパフォーマンスを実現するために

エアフローと冷却オプションは、動画編集を行なうパソコンにおいて、パフォーマンスを最大限に発揮するための重要な要素です。

高解像度や長時間に及ぶ動画編集作業は、CPUやGPUなどの主要コンポーネントに大きな負担をかけ、過熱することが多々あります。

そこで、効率的なエアフローが求められるわけですが、これは、パソコン内部の熱い空気を迅速に排出し、冷たい空気を効果的に取り込むことで内部温度を適切に保つことを意味します。

冷却オプションには、複数のファン配置やラジエーターを備えた水冷システムなどがありますが、ここで大切なのは、それぞれのシステムがシームレスに連携し、熱を均一に分散させることです。

そのうえで、独自の冷却パスを設計することで、コンポーネントごとに最適化された冷却効果を得られます。

高品質のサーマルコンパウンドを適用することも重要で、これにより熱の伝達効率が向上し、ひずみのないパフォーマンスが実現されるのです。

動画編集作業を行う際には、処理能力だけでなく、このような冷却メカニズムに着目することが非常に肝要です。

良質な冷却システムを備えたパソコンを選択することで、長時間にわたって安定した高パフォーマンスを継続的に提供し、結果としてクリエイティブな作業においてより快適な環境を手に入れることができます。

編集作業をスムーズに進めるためには、ぜひ冷却システムにも注目し、妥協のないパソコン選びを心がけましょう。

接続性と拡張性 動画編集作業を効率化するためのパソコン入出力スペック

接続性と拡張性 動画編集作業を効率化するためのパソコン入出力スペック

必要なポートとインターフェース 効率的なデータ転送とアクセサリー接続

動画編集作業の効率化には、パソコンの接続性と拡張性が欠かせません。

高速なデータ転送を実現するためには、USB 3.0以上のポートが必要不可欠です。

さらに、映像や音声の入出力にはHDMIやDisplayPort、Thunderbolt 3などの最新規格を備えていることが望まれます。

これらのインターフェースを使用することで、大容量の動画ファイルもスムーズに扱うことができ、作業の効率は大きく向上するでしょう。

また、高画質な映像を扱う場合、SDカードリーダーや追加のストレージデバイスを直接パソコンに接続することが頻繁にあります。

こうしたアクセサリーを瞬時に接続し、使用開始できるような豊富な拡張ポートの存在は、編集作業を中断することなく快適に行うために重要です。

エスカレートする動画の解像度に対応するため、eGPUなどのハードウェアを追加する拡張性も見逃すことはできません。

だからこそ、高品質な動画編集を追求するクリエイターには、これらの入出力スペックが充実したパソコンを選択することが推奨されます。

編集作業が難航しがちな場所でも、これらの要素を備えたパソコンがあれば、創造の流れを保ちながら、無駄なく作業を進行できるでしょう。

パフォーマンスだけでなく、作業のスムーズさを左右する接続性と拡張性を見極めることが、最終的な動画作品の質を高めるためには不可欠なのです。


将来性を踏まえた拡張ポートの重要性

将来性を考慮した拡張ポートの選択は、動画編集において非常に重要です。

現在ではThunderbolt 3やUSB Type-Cポートが主流となっており、これらは高速データ転送を可能にし、効率的な作業フローを実現します。

特にThunderbolt 3は、最大40Gbpsのデータ転送速度に対応することで、巨大な4Kや8Kのビデオファイルも瞬時に移動でき、リアルタイムでの編集作業を大きく促進します。

拡張ポートの豊富さは、複数の高解像度モニターの接続や、追加のストレージ、高品質なオーディオインターフェイスなど、外部機器との互換性を広げることにもつながります。

動画編集では作業スペースの拡張や、高速なストレージアクセスが求められますから、これらのポートがあれば編集の自由度が格段に上がります。

また、将来的に技術が進歩し新しい機器が発売されても、最新の端子を持つことでその拡張性を失わずに済みます。

さらに、ポートの充実は複数の機器を同時に使用する際のシームレスな統合を意味します。

これは作業中のストレスを減らし、創造的なプロセスに集中することができる環境を作る基盤となります。

動画編集の作業を効率化し、創造性を最大限に引き出すためには、これらの入出力スペックへの理解と適切な選択が必要不可欠です。

高速かつ多様な接続を備えたパソコンは、編集者が直面するさまざまな課題に対して柔軟に対応する力を持っているのです。

パソコンスペックアップグレード計画 動画編集の将来に備えて

パソコンスペックアップグレード計画 動画編集の将来に備えて

アップグレード可能なスペックの選び方 将来のことを考えた投資

パソコンスペックの選択において、動画編集を追求する者にとって見逃せないのが、将来にわたってアップグレード可能な設計を重視することです。

先を見越した投資は、最新技術の台頭やソフトウェアの進化に伴って、パフォーマンスの必要性が高まることが確実であるからです。

CPUについては、コア数が多く、クロック速度の高いモデルが推奨されますが、将来的に交換しやすいソケット形状のものを選ぶことが賢明です。

メモリは、動画編集において大量のデータを一時的に保持する必要がありますので、最低でも16GBを用意するべきですが、32GB以上を目安にすると余裕をもって作業が行えます。

また、拡張スロットが利用可能であれば、将来的に簡単に追加できるため、選択の際にはスペックだけでなく拡張性にも目を向けましょう。

ストレージに関しては、速度と容量のバランスが重要となります。

作業用としてSSDを導入し、大容量のデータを保存するためにHDDを併用するのが一般的なアプローチですが、ケース内に追加のドライブベイが存在することで、将来にわたってストレージの増設がしやすくなります。

最も核心を突くのがグラフィックスカードで、高解像度の動画をスムーズに処理するためには、専用のGPUが必須です。

しかし4K編集やVRコンテンツ制作など、更なるスペックを要求される状況も出てきますので、交換可能なものを選び、最新のカードへとステップアップできる余地を確保しておくのが得策です。

これらの要素を踏まえ、予算内で最良の構成を選択し、将来的なアップグレードの計画を練りますと、時代の移り変わりに対応する柔軟な動画編集ライフを送ることが可能となるでしょう。

コストパフォーマンスを考えたアップグレード計画

動画編集を行うパソコンのアップグレード計画に際して、コストパフォーマンスは重要な要素です。

明確な予算内で最も効果的な性能向上を図るためには、現在の市場で提供されている部品の価格対性能比を理解することが不可欠です。

プロセッサー、グラフィックスカード、メモリ、そしてストレージは、動画編集におけるスムーズな作業体験の4大要素とみなすことができます。

プロセッサーに関しては、マルチコアが推奨されますが、高価な最新モデルよりも一世代前のハイエンドモデルがコストパフォーマンスに優れていることが多いです。

グラフィックスカードは特に解像度が高い動画作業を行う場合に重要であり、中古市場を利用することでコストを大幅に削減できる場合があります。

ただし、長期的なサポートや保証の観点から新品購入が最も無難です。

メモリは動画編集時においては多ければ多いほど良いのですが、最低限16GBを搭載し、予算が許すなら32GB以上を目指すべきです。

後でアップグレード可能な構成を選択することで初期投資を抑えつつ将来的な拡張を見込むことも一つの方法です。

ストレージは速度と容量のバランスが命です。

SSDはHDDに比べてデータアクセス速度が格段に早く、動画編集のレスポンス向上に直結しますが、高容量のものはまだ高価です。

初期スペックとしては、OSと編集ソフトウェアをSSDにインストールし、作業用のデータは別途HDDに保存するなどの方法をとると良いでしょう。

アップグレード計画において節約すべきポイントと投資すべきポイントの区別をしっかりとつけ、長期的な視点でコスト効率の良いパーツ選びに励むことが将来の動画編集においても、経済的かつテクニカルなアドバンテージをもたらすことでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次