動画編集で差をつける! おすすめ高性能Windows PCカタログ

目次

動画編集に最適なプロセッサを搭載したWindows PCガイド

動画編集に最適なプロセッサを搭載したWindows PCガイド

高速処理が可能なインテルCoreシリーズ

動画編集の作業をスムーズに進める上で、高速処理が可能なインテルCoreシリーズのプロセッサは欠かせません。

インテルのCore i7やCore i9といったシリーズは、複数のコアを有しており、動画のレンダリングやエンコードといった重たいタスクも軽快にこなします。

特にCore i9は、その驚異的なマルチコア性能で、プロレベルの動画編集でも時間を節約しながら高品質な出力を実現します。

これらのプロセッサには、インテルの最新技術であるTurbo BoostやHyper-Threadingが搭載されており、必要に応じてクロック速度を自動的に向上させたり、一つのコアで複数のスレッドを処理したりすることで、動画編集作業の効率を大幅に上げてくれます。

その結果、例えば4Kや8Kなどの高解像度動画でも、なめらかなプレビューや迅速なエクスポートが可能になり、編集者の創造性を最大限に引き出すことができるのです。

さらに、インテルCoreシリーズ搭載のWindows PCは、専門的な動画編集ソフトウェアとの互換性も抜群です。

Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveなど、業界標準のツールが快適に動作し、編集作業中に体験するストレスを最低限に抑えます。

このように、インテルCoreシリーズは動画編集において、時間、効率、クオリティのすべてを高いレベルでバランスさせる、まさに理想的なプロセッサと言えるでしょう。


パソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

アルティメットゲーム体験を創出するスーペリアバジェットマシン
速度と美しさのバランスを極めたスペック、ゲームの世界を快適に支配
見せる喜び、Corsairの透明パネルが際立つモダンデザインケース
力強いパフォーマンス、最新のCore i5で作業もプレイもスムーズに

【ZEFT Z47GL スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

高性能と快適なプレイにフォーカスした、ソフィスティケートなゲーミングPC
パワーとバランスが鍵、i7とRTX 4060が強力なタッグを結成
シーンを選ばず映える、スリムでスタイリッシュな省スペースマシン
マルチタスクも難なくこなす、Core i7 14700Fの核心

【ZEFT Z45DBP スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

エンターテインメントに最適、実力派ゲーミングPC。ミドルクラスを超えるパフォーマンスで驚愕体験を
32GB DDR5メモリ搭載、抜群のバランスで高速処理と頭脳プレイを実現するマシン
スタイリッシュなキューブケースに白をまとう。小さな筐体から大きな可能性を引き出す
Core i7 14700Fで、応答速度と処理能力が見事に融合。中核をなすパワフルCPU

【ZEFT Z47AL スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC
【ZEFT Z47BYC スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC

マルチタスクに強いAMD Ryzenシリーズ

動画編集に最適なプロセッサとして、AMD Ryzenシリーズは、その卓越したマルチコアパフォーマンスで知られています。

特に動画編集のような処理能力を必要とするタスクでは、Ryzenプロセッサの迅速なレンダリングとエンコード能力が光ります。

Ryzenチップは多くのコアとスレッドを有しており、複数の作業を同時並行でスムーズにこなすことが可能です。

たとえば、Ryzen 9やRyzen 7シリーズには、8コア以上を搭載しており、大量の映像データの同時処理や、エフェクトの適用が多用されるシーンでも力強いパフォーマンスを発揮することが一つの特徴です。

また、Ryzenプロセッサは、優れた熱管理と電力効率により、長時間の編集作業でもPCの安定性が保たれます。

ビデオ編集ソフトウェアが提供する最新の機能を活用する場合、Ryzenチップセットの高い互換性と先進的なアーキテクチャが、編集作業をより快適にし、クリエイティビティを最大限に引き出します。

さらに、高品質なグラフィックスカードと組み合わせることで、高解像度の映像素材もサクサクとハンドリングでき、プロフェッショナルな完成品を生み出すことができます。

最終的に、Ryzenシリーズはコストパフォーマンスも優れているため、高い性能を求める動画編集専門家から趣味のユーザーまで、幅広いニーズに応える選択肢と言えるでしょう。

時代が求める高速かつ効率的な動画編集のパートナーとして、Ryzen搭載のWindows PCは間違いなく一つの頼もしい選択です。

メモリとストレージのバランスで選ぶWindows PCセレクション

メモリとストレージのバランスで選ぶWindows PCセレクション

大容量メモリでサクサク動画編集

動画編集では大容量メモリが性能を左右する重要なファクターです。

高解像度の素材を扱う際、メモリが十分ではないと、PCは作業を処理するのに苦労し、時間がかかってしまいます。

そのため、16GB以上のメモリを搭載したWindows PCを選ぶことを強く推奨します。

特に4Kや8K動画を扱う場合、32GBやそれ以上のメモリは作業の効率を飛躍的に向上させるでしょう。

また、メモリと同様に重要なのがストレージの速度です。

SSDが標準搭載されるこの時代において、NVMeプロトコル対応のSSDはデータの読み書き速度が格段に速く、大きな動画ファイルの読み込みや書き込みを待つストレスから解放されます。

PC選びでは、1TB以上のNVMe SSDを搭載しているモデルを目指してください。

これらの観点から選ぶと、動画編集作業中でも快適に複数のアプリケーションを同時に立ち上げたり、プレビューのレンダリングを待つ時間を短縮したりできます。

最終的には高い生産性を保ちながら、創造性を最大限に発揮するための作業環境を整えることができるでしょう。

さらには、将来的なソフトウェアの更新やプロジェクトの複雑化にも対応可能な余裕を持ったスペック選びが、長期にわたる快適な動画編集ライフを約束します。

高性能なWindows PCと共に、あなたのクリエイティブな才能を存分に発揮してください。

高速読み書きのSSDオプション

高速度と信頼性を備えたSSDは、動画編集作業において非常に大切な役割を果たすことは間違いありません。

動画編集における快適なワークフローを実現するためには、データの読み書き速度がカギを握ります。

特に大規模なファイルサイズを扱うプロジェクトでは、従来型のHDDよりも圧倒的に優れた速度を誇るSSDが必須です。

ストレージの速度が向上することで、プレビューの生成、フィルターの適用、ビデオのレンダリングといった各工程が迅速に行われ、作業効率が格段にアップします。

SSDオプションはメモリとのバランスも大切です。

例えば、16GB以上のRAMに加えて、NVMe接続を持つSSDを搭載することで、総合的なパフォーマンスの向上が期待できます。

この組み合わせにより、Windows PCは大容量の動画ファイルを扱いながらも、編集ソフトをスムーズに動作させ、時間の浪費を防げるのです。

さらに、専門的な動画編集作業では、4K以上の高解像度素材が常に増えているため、SSDの容量も重要なポイントです。

最低でも512GBはほしいところで、より大きなプロジェクトには1TBやそれ以上も視野に入れるべきでしょう。

結局のところ、Windows PCの選択に際しては、内臓するSSDのスペックが大きく作業効率に影響を与えるため、適切な容量と速度を搭載したモデルを選ぶことが肝要です。

高速読み書き可能なSSDを選択すれば、動画編集において素晴らしいパフォーマンスを発揮する強力な味方となり、クリエイティブな作業をスピーディーかつ快適に支えてくれるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

パソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9070X/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9070X/S9

エンスージアストの夢を叶える、パフォーマンス極めるPC
高速ダイナミック、DDR5メモリ32GBとNVMe 1TB SSDが生むスピードの融合
RGBイルミネーション輝くFractal Pop XL Air、スタイルに彩りを加えるマシン
Ryzen 9 7900X搭載、コアの力で圧倒的な処理速度を実現

【SR-ar9-9070X/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar9-9070X/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

効率的な作業とエンターテイメントを実現するハイバリュースタンダードゲーミングPC
RTX 4060搭載で驚異のグラフィック性能、均整の取れた16GBメモリでマルチタスクもサクサク
省スペースで存在感を放つコンパクトケース、スタイリッシュなクリアパネルで内部を魅せるデザイン
最新のスマートパフォーマンス、Core i3 14100がもたらすスムーズな日常操作

【ZEFT Z45DBU スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

高速ストリームも滑らかプレイもお任せの頂点ゲーミングPC
RTX? 4070 Superが描く画、i7-14700KFが駆る力、バランスの妙技
シックなスチールパネルが秘めたるパワー、スマートミドルタワー
新世代Core i7で、毎秒を支配する処理速度を体感

【ZEFT Z48FA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CB

パワーユーザーのためのゲーミングPC、性能とスタイルを極めたこのモデルが新たなスタンダードを築く
ゲーミングとクリエイティブ作業の境界を打ち破る、高性能DDR5メモリ搭載のこのスペック構成
スペースに優しく、スタイルにこだわるあなたへ。コンパクトクリスタルケースが魅せる美技
究極のマルチタスクを可能にするRyzen力――ここに終わりなきパフォーマンスが息づく

【ZEFT R53CB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53CB

クリエイティブ作業を支えるWindows PCのグラフィックス性能

クリエイティブ作業を支えるWindows PCのグラフィックス性能

NVIDIA GeForceシリーズの選び方

NVIDIA GeForceシリーズは動画編集や3Dレンダリングといったクリエイティブ作業において、そのグラフィックス性能の高さから絶大な信頼を置かれています。

特に、GeForce RTXシリーズはリアルタイムレイトレーシングとAIによる画像処理機能を搭載し、生き生きとした映像を作り出すことが可能です。

また、CUDAコアの数が多いモデルほど処理能力が高い傾向にあり、動画編集におけるエフェクト追加やレンダリング時間の短縮に貢献します。

選び方のポイントとしては、まずご自身の使用する編集ソフトウェアが推奨するスペックを確認し、それに見合ったシリーズを選択することが重要です。

例えば、高度な3Dアニメーションを行う場合は、高いスペックを誇るRTX4080やRTX4090が適しているでしょう。

一方で、4K編集がメインであればRTX4060やRTX4070でも十分な性能を発揮します。

さらに、VRAMの容量も忘れてはなりません。

大量のVRAMを搭載することで、高解像度のテクスチャや複雑なシーンでもスムーズに動かすことができます。

ただし、コストパフォーマンスも考慮する必要がありますから、用途に応じて最適なバランスを見つけることが推奨されます。

最終的には、ご予算内で最高の性能を提供するシステムを組み立てることが重要です。

GeForceシリーズを選択する際は、長期的な視点を持ち、将来のアップデートや作業内容の変化にも柔軟に対応できる余裕をもってスペックを選定すると良いでしょう。

高性能なWindows PCはクリエイティブ作業の良き相棒となり、より優れた作品作りの一翼を担ってくれます。

AMD Radeonを活用した高品質レンダリング

当今の動画編集では、高品質なレンダリングが求められることが多く、そのためには優れたグラフィックス性能が不可欠です。

特に、AMD Radeonシリーズはそのパワフルな処理能力で知られており、クリエイターたちの間では高い評価を受けています。

このグラフィックスカードは、リアルタイムレンダリングを可能にするだけでなく、3Dモデリングやコンポジティング作業を著しく高速化します。

さらに、AMD RadeonシリーズはオープンソースのクロスプラットフォームAPIであるVulkanや、広くサポートされているDirectXといった最新技術にも幅広く対応しており、映像制作の現場での需要に応える機能を豊富に備えています。

これらのグラフィックカードは、特に動画編集ソフトウェアに最適化されている点も大きな特徴です。

例えばAdobe Premiere ProやDaVinci Resolveなどの業界標準ツールの多くが、Radeonカードの性能をフルに活用することで、複雑なエフェクトやカラーグレーディングの適用、4Kや8Kの高解像度素材でのスムーズなプレビューが可能になります。

加えて、省電力かつ冷却効率にも優れた設計により、長時間の作業においても安定したパフォーマンスを発揮し続ける点も、多くのプロフェッショナルにとって大きな魅力となっています。

このように、AMD Radeonを搭載したWindows PCは、クリエイティブな作業を躍動させる強力な味方となり得ます。

細部の質感までをも鮮明に描き出し、編集工程でもたらされる滑らかさは、たしかな差別化のポイントとなり、仕上がりの品質を一段と向上させるのです。

動画編集に最適なディスプレイを持つWindows PC

動画編集に最適なディスプレイを持つWindows PC

色精度の高いモニターの選び方

動画編集において色の正確性は非常に重要です。

色精度の高いモニターを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえるべきです。

画像品質を支配する主要な要素として、色域、コントラスト比、輝度、そして応答速度が挙げられます。

特に、Adobe RGBやDCI-P3といった広い色域をカバーしているモニターは、リッチで正確な色彩を表現するのに役立ちます。

また、コントラスト比が高いと白い部分と黒い部分の差がはっきりし、より深みのある映像を編集することが可能になります。

高い輝度を持つモニターは明るい場所でも見やすく、色の鮮やかさを保つことができます。

しかし、実際の作業環境にも注意を払い、反射や映り込みの少ないパネルを選択することも重要です。

モニターの応答速度も見逃せません。

動画編集では、スムーズな再生が必要とされるため、低い応答速度を持つモニターが好ましいです。

さらには、校正機能やプリセットモードを備えたモニターを選ぶと、より正確な色で作業が行えるようになります。

色精度の高いモニターは、動画編集のプロフェッショナルにとって不可欠なツールです。

適切なセレクションをすることで、制作物の品質が格段に向上し、作品に対する満足度もアップするでしょう。

モニター選びは、制作者の意図を正確に視聴者に伝えるためにも、慎重に考慮すべきポイントなのです。

パソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

スタンダードミドルクラスのゲーミングPC、バランスとパフォーマンスを兼ね備えたマシン
RTX 4070搭載、Core i7の力で非凡な体験を提供するスペックに注目
シンプルで洗練されたスチールパネルのミドルタワーケースが、どんな部屋にもフィット
パワフルなCore i7 14700F、タスクの切り替えもスムーズに行うプロ級CPU

【ZEFT Z47AN スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

502 Bad Gateway

502 Bad Gateway



cloudflare


【ZEFT R55B スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

ソリッド・ゲーミングマシン:処理能力とグラフィックの優れた次世代体験を、余裕の32GB DDR5とともに
高速バランスの極地:1TB NVMe SSDと850W Gold電源が、パワーと応答速度の極上の同等性を実現
静寂の城、Antec P10 FLUX:洗練されたミドルタワーが、美と機能性を一体化させたデザイン
芯から速さを生む:Core i5-14600KFが、最新のタスクもスムーズにさばく

【ZEFT Z45NA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA
【ZEFT Z45BZA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

広視野角で快適な4K画質ディスプレイ

動画編集に最適なディスプレイを持つWindows PCにおいて、圧倒的な魅力を放つのが広視野角で快適な4K画質ディスプレイです。

これは細かいディテールまで緻密に捉えることができ、色彩表現に優れた素晴らしい技術の結晶と言えます。

映像クリエイターやプロの編集者にとって、4Kディスプレイはもはや不可欠な存在であり、その高解像度によって得られる鮮明な映像は、作品のクオリティを決定づける要素の一つになります。

加えて、広視野角を持つディスプレイは見る位置が変わっても色の変化が少なく、編集作業時でも画面端から端まで均一な色合いを保ち、制作過程での疲労軽減にも役立ちます。

特に重要なのが、4Kディスプレイの正確な色再現性です。

高い色精度は編集中の映像が意図した通りの色で視聴者に届けられることを保証し、特にグラデーションの豊かさや黒の深み、そして白の純度は、映像作品の雰囲気を大きく左右するからです。

このような高品質なディスプレイを搭載したWindows PCは、編集作業のスピードアップだけでなく、完成度の高い作品制作を可能にするために、現代の動画編集における必須ツールとなるでしょう。

結果として、広視野角で快適な4K画質ディスプレイを持つWindows PCは、動画編集者の想像力と創造力を最大限に引き出し、作品に生命を吹き込むための重要な機器です。

高解像度で正確な色表現に優れるディスプレイは、制作者の細やかなニーズを満たし、視聴者に感動を伝える作品制作の強力な味方となります。


動画編集作業を快適にするWindows PCの冷却システム

動画編集作業を快適にするWindows PCの冷却システム

静音で高性能な冷却ファン特集

動画編集で要求されるPC性能は非常に高く、その際に避けては通れないのがオーバーヒート問題です。

高性能な冷却ファンは、熱によるパフォーマンスの低下を防ぎながらも、周囲の騒音を最小限に抑えることが可能です。

冷却システムの静音性と効率性は相反する特性かもしれませんが、最新の静音ファンテクノロジーはそのギャップを見事に埋めています。

例を挙げると、特定の周波数で騒音を打ち消すよう設計されたファンブレードや、モーターの振動を抑えるための革新的な取り付け方法が注目されています。

これらの静音機能に加え、より多くのエアフローを提供するために工夫された形状や、耐久性に優れ温度の変化に柔軟に対応する素材の開発も進んでいます。

その結果、作業中のPCからの騒音に悩まされることなく、編集に集中できる環境を実現することができます。

熱の問題は特に長時間にわたる動画編集作業で顕著ですが、このような静かで効果的な冷却システムを搭載することで快適な作業環境が保たれ、クリエイティブな作業がよりスムーズに進行します。

適切な冷却システムを備えたWindows PCは、制作者がその才能を最大限に活かすためのエッセンシャルな道具となるでしょう。

長時間作業も安心の液冷システム

動画編集に没頭する際、特に重要になるのは、パソコンの機能を維持しつつ温度を適切に管理する冷却システムです。

その中でも液冷システムは、空冷方式よりも高い冷却効率を誇り、長時間のレンダリング作業が要求される動画編集において理想的な解決策を提供します。

液冷システムは、水や特殊な冷却液を使用してプロセッサやグラフィックボードなどの熱源から熱を効率的に排出します。

その結果、内部温度が上昇しにくくなり、熱によるパフォーマンスの低下や不安定な動作を最小限に抑えることができます。

特に高負荷がかかる4Kや8Kといった高解像度の動画を編集する際、液冷システムはその真価を発揮します。

これらの作業では、CPUやGPUが大量のデータを処理し続けるため、余裕を持った冷却性能が不可欠です。

液冷システム搭載のWindows PCは、熱に関わるリスクを減らしながら、高速なデータ処理を実現し、滑らかな動画編集体験を提供します。

また、液冷システムは静音性にも優れています。

動画編集では集中力が求められますが、ファンの冷却音が常に耳に入る環境では集中が途切れがちです。

液冷を採用したPCなら、ファンの回転数を抑えることができ、より静かな作業環境を実現し、創造性の流れを妨げません。

つまり、液冷システムは動画編集を行ううえでのパフォーマンス維持はもちろんのこと、ストレスなく快適に作業を進めるための重要な要素なのです。

エンドユーザーにとって、長時間にわたる創作活動のサポートとなるため、選択するPCの冷却システムは重要な比較ポイントと言えるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

持ち運びも考慮!軽量・コンパクトなWindows PC

持ち運びも考慮!軽量・コンパクトなWindows PC

モバイル編集者のためのウルトラブック

モバイル編集者のためのウルトラブックは、外出先や旅行中でも、動画編集作業を快適にこなすために必要不可欠なツールです。

軽量でありながらも、高性能なプロセッサ、十分なメモリ、迅速なストレージといったスペックを兼ね備えており、クリエイティブな作業を行うための力強いサポートを提供します。

特に注目すべきは、その持ち運びやすさです。

多くのウルトラブックは重量が1kg台半ばと軽量で、薄型のデザインが多く、長時間の移動でも負担になりません。

バッテリー寿命も長く設計されているため、電源のない場所でも作業の継続が可能です。

高解像度のディスプレイは、細部の編集作業を正確に行う上で欠かせず、タッチスクリーン機能がついているモデルでは直感的に操作が可能です。

動画編集では、高速なデータ転送が求められますが、最新のウルトラブックにはThunderboltやUSB Type-Cといった高速なポートが搭載されており、大容量のファイルも瞬時に扱うことができます。

また、編集ソフトウェアはCPUやGPUに大きな負荷をかけるため、パワフルなグラフィックス機能を備えた機種を選ぶことが重要です。

応答性が高く編集中のラグを最小限に抑えることで、よりスムーズな作業フローを実現します。

ウルトラブックは、出先での作業効率を大きく向上させるためには最適な選択です。

動画編集のプロフェッショナルが求めるパフォーマンスと携帯性を両立させ、クリエイティブな発想をその場で形にすることができるのが魅力です。

軽量・コンパクトにこだわりつつも高性能を追求する、モバイル編集者にとって理想のパートナーと言えるでしょう。

外出先でもパワー不足知らずのPC選び

外出先での動画編集において重要なのは、パワフルな性能を搭載しながらも軽量かつコンパクトなWindows PCを選ぶことです。

長時間にわたる作業でも疲れを感じさせない機動性とパフォーマンスが必要不可欠になってきます。

例えば、最新のプロセッサーを搭載したウルトラブックは、そのバランスの取れた選択肢となってくれるでしょう。

パフォーマンス面では、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすために、十分なRAMと高速なストレージが求められます。

さらに、グラフィックに要求の高い作業を行う際は、専用のGPUが搭載されているモデルが適しています。

これらのスペックは、フルHD以上の解像度での編集作業を快適にするためにも重要です。

また、ディスプレイの品質も見逃せません。

色精度が高いIPSパネルや、目の疲れを軽減するためのブルーライトカット機能が付いたモデルがおすすめです。

バッテリー寿命も、外出先での作業を考慮する上で欠かせないポイントです。

長時間のバッテリー持続力を持ち、かつ急速充電対応で短時間で充電が完了するものが理想的です。

冷却システムも見逃せません。

強力な処理能力を長時間維持するためには、効率の良い冷却設計が不可欠で、これによりパフォーマンスの継続性が保たれます。

最終的に、優れたWindows PCは、使い心地だけでなく、クリエイティブな作業をどこでも行えるフレキシビリティを提供してくれるはずです。

そうしたデバイスを選ぶことで、動画編集のプロセスがよりスムーズに、そして快適になることでしょう。

拡張性で選ぶWindows PC – USBポートと接続オプション

拡張性で選ぶWindows PC - USBポートと接続オプション

多機能USBポートでデバイス接続を強化

動画編集では、迅速なファイルの転送とデバイスの多様な接続が欠かせません。

そこで重要な役割を果たすのが、Windows PCの多機能USBポートです。

高性能なPCを選ぶ際には、種類豊富なUSBポートを備えているかどうかを見逃すことはできません。

例えば、USB 3.0ポートはデータの転送速度がUSB 2.0よりも格段に速く、動画ファイルの大量転送もストレスフリーで行えます。

またUSB Type-Cポートは、その汎用性の高さから次世代の規格として注目され、データ転送だけでなく、映像出力や充電にも対応しているため、1つのポートで多岐にわたる作業が可能です。

さらに、拡張カードを利用して追加のUSBポートや特化した接続オプションを加えることができるのも、Windows PCの大きな利点です。

サンダーボルト接続も視野に入れ、データの転送速度や映像出力において高いパフォーマンスを期待するならば、これらの要素を備えたWindows PCは必須と言えるでしょう。

動画編集を行う上で、多くの外部デバイスとの連携が求められる今日、豊富な接続オプションを持ったWindows PCは作業効率を大きく向上させるのです。

このようにして、拡張性に優れたWindows PCは、動画編集の分野においてその真価を発揮します。

多機能USBポートを備え、さまざまな接続ニーズに応えるPCは、編集作業をスムーズに進めるための強力なパートナーであると言えるでしょう。

高性能Windows PCを選ぶ際には、これらの特徴を持つモデルに注目して、効率的かつ快適な動画編集環境を手に入れることが大切です。

Thunderbolt 3対応のPCで高速データ転送

動画編集のプロセスで最も大切なのは、速さと効率性です。

Thunderbolt 3対応のWindows PCは、この二つを高いレベルで提供してくれる優れた選択肢となります。

Thunderbolt 3の技術は、最大40Gbpsという驚異的なデータ転送速度を実現しており、これによって4Kや8Kの大容量動画ファイルも短時間で移動することが可能です。

さらに、この端子は映像出力もサポートしており、複数の高解像度モニタへの出力がスムーズに行えます。

様々な外部デバイスとの互換性もThunderbolt 3の魅力の一つです。

高速な外付けストレージドライブ、動画編集用の外部グラフィックスカード、さらにはドッキングステーションへの一括接続が可能で、デスクトップ環境を素早く拡張することができます。

このように、Thunderbolt 3は動画編集を遥かにスマートで効率的な作業に昇華させる重要な役割を果たし、クリエイティブな時間をより制作に集中させることを可能にします。

専門的な動画編集作業では、このような拡張性と速度が求められるため、Thunderbolt 3対応PCは編集作業を頻繁に行うユーザーにとって必須の選択となるでしょう。

この接続オプションは、日々の作業を滑らかにし、クリエイティブなポテンシャルを最大限引き出す手助けをしてくれるのです。

高性能Windows PCを選ぶ際に、Thunderbolt 3のサポートがあるかどうかは、作業の快適さを大きく左右するポイントと言えるでしょう。

予算別に選ぶ高性能Windows PCのおすすめ

予算別に選ぶ高性能Windows PCのおすすめ

コストパフォーマンスに優れたモデル

コストパフォーマンスに優れたWindows PCをセレクトする際、ユーザーが何を求めているかは明らかです。

快適な動画編集を可能にする十分な処理能力と、手が届きやすい価格帯のバランスを重視します。

そこで注目すべきは、第一線で活躍するクリエイターたちも認める中級のグラフィックカードを搭載したモデルです。

4K編集もスムーズに行えるだけのパワーは、このクラスのPCから求めることができ、長時間の使用でも熱管理に優れている点も重要です。

また、複数のプロジェクトを同時に扱うことができるよう十分なメモリ容量と快速なSSDは必須です。

特にSSDはアプリケーションの起動時間やファイルの読み書き速度を左右し、ストレスフリーな作業環境を実現します。

このクラスでは、通常のHDDに比べて速度が飛躍的に向上するNVMe SSDを選ぶことが賢明です。

さらに高解像度のモニター出力もサポートして、細部まで精密な編集が行えることも見逃せません。

加えて、こうした性能を備えつつも価格が異常に高騰していないのは、大手メーカーが競争によって生み出される価値ある技術を積極的に採用しているからです。

彼らはコストを抑えつつもユーザーのニーズをしっかりと把握し、バランスの取れたPCを市場に提供しています。

そうしたモデルを選ぶ際には、将来的なアップグレードの余地を見越して拡張性にも注意を払うことがオススメです。

動画編集のための最適なWindows PCを選ぶには多面的な視点が必要ですが、高い性能とリーズナブルな価格、さらには将来のアップグレードも視野に入れた選定が、結果として最大のコストパフォーマンスをもたらすでしょう。


プレミアムなスペックの動画編集用PC

高性能Windows PCの選択は、プロフェッショナルな動画編集において、成功への扉を開く鍵となります。

パワフルなプロセッサ、高速なグラフィックスカード、拡大可能なメモリ、そして迅速なストレージを搭載したPCは、4K、8Kといった高解像度の映像データも快適に扱うことが可能です。

たとえば、最新世代のIntel Core i9やAMD Ryzen 9シリーズのプロセッサは、複数コアが同時に動作することで、時間をかけずにレンダリングやエフェクト処理ができます。

また、NVIDIAのGeForce RTX40シリーズやAMDのRadeon RX 7000シリーズなど、先進的なグラフィックスカードがもたらすリアルタイムレンダリング能力は、エディターが創造力を最大限に発揮するための強力な支援者です。

編集作業中のプレビューの滑らかさが向上し、クリエイティブな作業が一層スムーズに展開されます。

メモリーに関しては、32GB以上を推奨しますが、将来的な拡張も視野に入れ、64GBやそれ以上を選択するのが賢明です。

動画編集作業では多くのデータを一時的にメモリ上に置くため、大容量メモリは複雑なプロジェクトでも快適な作業を保証します。

なお、ストレージは、OSとアプリケーション用にNVMe SSDを選び、追加のデータ保存用には大容量のHDDや追加のSSDを用意すると良いでしょう。

素早いデータアクセスによって、作業の効率が飛躍的に向上すること間違いありません。

これらの要素が組み合わさることで、動画編集用PCは真のパフォーマンスを発揮し、クリエイターが自身のビジョンを現実に変えるための信頼性と速度を提供します。

高解像度の映像編集をスムーズにこなしながらも、高い品質を維持するためには、これらプレミアムなスペックを搭載した動画編集用PCを選ぶことが不可欠です。

実際の動画編集プロが推薦!Windows PCユーザーレビュー

実際の動画編集プロが推薦!Windows PCユーザーレビュー

プロフェッショナルが語る使用感

動画編集の世界では、プロジェクトの複雑さに応じたパフォーマンスが不可欠です。

実際のプロフェッショナルが語る使用感は、これから動画編集を始める方や機材更新を検討している方にとって、格好の指標となることでしょう。

例えば、4K、8Kといった高解像度の映像編集では、処理能力の高いCPU、十分なメモリ、強力なグラフィックカードが求められます。

また、複数のソフトウェアを同時に使用するマルチタスク環境においても、快適に作業を行うためには高速なSSDの利用が効果を発揮します。

特に動画編集プロが注目するのは、応答速度の速さを生み出す組み合わせであり、時間との勝負において細部の編集作業がスムーズに進むことが重要です。

例えば、エフェクトの適用やレンダリング速度は、実作業時間を大幅に左右し、クライアントからの期待に応える納期遵守に直結します。

実際にプロが動画編集で利用している高性能Windows PCは、そのようなニーズに応えるべく構成されており、作業効率の向上に加えて、創造的なアイデアが中断されることなく実行に移せる環境を提供します。

彩豊かなビジュアルと洗練されたサウンドを組み合わせる動画編集は、技術的なサポートが欠かせません。

動画編集を行うプロフェッショナルが信頼を置く高性能Windows PCは、そうした技術的ハードルを見事にクリアし、これからの動画編集の未来を拓く存在と言えるでしょう。

編集作業で感じるメリットとデメリット

高性能Windows PCは動画編集において数々のメリットを提供しますが、いくつかのデメリットも存在します。

優れた処理能力は、大容量の4K映像や複雑なエフェクトが絡むプロジェクトでもスムーズな作業を可能にし、時間を節約しつつクリエイティブな発想を展開できる環境を実現します。

応答性が高く、複数のアプリケーションを同時に動作させてもストレスを感じさせないため、作業効率の向上に直結します。

一方で、これらの高性能機は価格が高くなる傾向にあり、投資を検討する際には予算の配分を慎重に考える必要があります。

また、パワフルなハードウェアは熱を多く発生させるため、適切な冷却システムがないとパフォーマンスが低下する可能性があり、特に長時間の作業では集中力の維持に影響を及ぼすことも考えられます。

さらに、最新の機能を搭載したPCは互換性の問題を引き起こすこともあり、使用しているソフトウェアや周辺機器との兼ね合いを把握するためには、現状のテクノロジー動向を常に追いかける必要があります。

そのため、高性能PCの導入とともに生じるこれらのデメリットを十分に認識し、動画編集のニーズに合わせて最適な構成を選択することが、クリエイターにとっての重要な課題となります。

結果として適切に選ばれた機材は、動画編集のプロセスを飛躍的に向上させ、想像力を形にするための強力な支援となるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次